元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つながってる愛

先週の土曜の「ひなまつり」の日(3月3日),
遠距離恋愛の彼女と会ってきました。

その時に,彼女が私にくれたものです。
彼女が「手作り」で造ってくれた「ブレスレット」です。

ブレスレット01



「あなたと,つながっていたい」と言って,
彼女が,ぼくに渡してくれた「ブレスレット」。

以来,私は毎日,これを,つけてます。

黒い石」は,
仕事とお金」の成功を表わすものだそうです。

がんばります。
「私たちの」未来のために。

そして,ありがとう。

私は,いつも,あなたからパワーをもらってます。
スポンサーサイト

私の大切な人からの手紙

人に,あまり見せることはないけれども,
今日は,私の大切な人からの手紙を,お見せしてみたいと思う。


letter


これは,手紙というか,私が持っていた
ある小物の包装に使われていた厚紙の裏に,
彼女が書いてくれたものである。

彼女は日本人じゃないから,「英語」で書いてくれた。
(「私の名前」と「彼女の名前」は,画像処理で消してある。)


こう書いてある。

 "〇〇 san,
 don't forget alway
 i love you my heart belongs
 to you, thank you always
        〇〇"



わたしの,つたない翻訳で訳せば,次のような感じだろうか。

「〇〇さん,
 いつも(次のことを)忘れないで
 わたしがあなたを愛していることを。
 私の心はあなたに属しているの。
 いつもありがとう。
        〇〇」



いや,彼女はいつも,つたない日本語で,
しかも,やさしい声で「語尾を伸ばす」から,
ありがとね~♪」っていう感じだろうか。


こんな,いつ捨ててもいいような,ぼろい厚紙の裏に
彼女が書いてくれた,なにげない言葉を
私は,いつまでも大切にとってある

その厚紙自体は,いつでも燃やせる「ただのゴミ」に過ぎないけれど,
そこに書いてある言葉が私にとって「大切」なのだ。



シュラー博士の「可能思考プログラム」の中に入っていた,
ある人が述べた次の言葉が,私は好きだ。

わたしと一緒に老いてほしい
 最善はまだ,これからやってくるのだ。」




独身である私は,わたしの体(いのち)は,
いつも「自分だけのもの」だと思っていた。

しかし,常に「自分だけのもの」のように思えた私の体は,
実は,「自分だけのものではなかった」のかもしれない。


あなたの体(いのち)も,たぶん,あなただけのものではない

わたしたちは皆,自分のためだけでなく,
だれかのためにも生きるため,生まれてきたのではないだろうか。


私たちは,「ひとりぼっち」では,生きていけない。

もちろん,「自立」という意味でなら,誰かに頼ってばかりではいけないが,
私たちは人間は皆,誰かを「愛し」,また「愛されて」,
自分は価値がある」と感じて,生きる必要がある。


好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。