元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の見え方

さて,聖書の中には,「神」に関して,
次のような興味深い説明が見られる。

「[自らを]清く保つ者には,あなたはご自身を清い者として示し,
 曲がった者には,ご自身をねじけた者として示されます。」
 -詩編 18:26。[新世界訳]



これは,考えてみれば,おもしろい説明である。
「曲がった者」には,神は,「ねじけた者として」示されるのだという。

ということは,である。
もし,神が「ねじけた者」に見えるならば,
私たちの現在の心がそういう状態にある
(気をつけた方がいい),ということだ。

聖書が,その人の心の状態を映し出す「」と言われるゆえんは,ここにある。


しかし,これは,「心の法則」の観点でとらえないと,よく分からないと思う。
というのは,エホバの証人のように,聖書を「文字どおりに」受け取る人なら,
エホバは元々「清い者」(究極に「清い方」)なのだから,
誰が見ても神は「清い者」に映るはずである。

しかし,実際には違う。

聖書は,その人の状態によって,「神の見え方がまったく違う」と教えている。

だから,もし,私たちの心の状態が「ネガティブ」なら,
神のことも,「ネガティブ」にとらえる。

それは,なにも,「神」のことだけではないと思う。
「ネガティブな人」にとっては,
目に見えるもの“すべて”が,ことごとく「ネガティブ」だ。

すべては,その人の「」(心の状態)が決める。

聖書には,次のような聖句がある。

「苦しむ者の日はどの日もみな悪い。
 しかし,心の善良な者には絶えず宴が[ある]。」
 -箴言15:15。[新世界訳]

「悩んでいる者の日々はことごとくつらく,
 心の楽しい人は常に宴会をもつ。」
 -箴言15:15。[口語訳]

「悩む者には毎日が不吉の日であるが,
 心に楽しみのある人には毎日が宴会である。」
 -箴言15:15。[新改訳]



同じ一日」なのに,人によって,こんなにも反応が違うのである。
同じ物事」を見て,こんなにも,ものの見方や感じ方が違うのである。

「同じ一日」(同じ24時間)を過ごすのなら,私たちは,いつも笑ってる
「心の楽しい」(ポジティブ)ほうの人になりたい。

そうすれば,毎日が「宴会」だ。(笑)

 ヽ(  ´  ∇  `  )ノ ワーイ


さて,次は,「ネガティブな言葉を決して吐いてはいけない
ということについて,述べてみる。
関連記事
スポンサーサイト

日蓮と「心の法則」

さて,一連の「仏教」シリーズの記事は,
これで一応,終わりにしてみたいと思います。

今日は,日蓮と「心の法則」について書いてみたいと思います。
私は,日蓮は,「心の法則を知っていた」と思います。

彼の述べた事柄を,ここに「引用」してみます。
特に私の解説は付けませんので,「じかに」読んで,そこから何かを感じ取ってください。
(きちんと読めるように,漢字には「ひらがな」を付けておきました。)


「失(とが)なき者をば天もあやまつ事なし,況(いわん)や善人におひてをや。
 されば妙楽大師のたまはく「必ず心の固きに仮(よ)りて神の守り則(すなわ)ち強し」等云云,
 人の心かたければ神のまほ(守)り必ずつよしとこそ候(そうら)へ」

(日蓮聖人著「乙御前御消息」 54歳の時の著述)



「「必ず心の固きに仮(よ)りて神の守り即(すなわ)ち強し」等とは是(これ)なり,
 汝等(なんじら)努努(ゆめゆめ)疑うこと勿(なか)れ
 決定(けつじょう)して疑い有(あ)る可(べ)からざる者なり」

(日蓮聖人著「真言諸宗違目」 51歳の時の著述)



「止観(しかん)の第八に云(いわ)く・・・
 「城の主(あるじ)剛(たけ)ければ 守る者も強し
  城の主(あるじ)恇(おず)れば 守る者 忙(おそ)る,
  心は是(こ)れ身(み)の主(あるじ)なり・・・
  心固(かた)ければ則(すな)ち強し
  身(み)の神(かみ)尚(なお)爾(しか)なり 況(いわん)や道場の神をや」
 弘決(ぐけつ)の第八に云く
 「常に人を護(まも)ると雖(いえど)も 必ず心の固きに仮(よ)りて神の守り則(すなわ)ち強し」」

(日蓮聖人著「道場神守護事」 55歳の時の著述)



「摩訶止観(まかしかん)第八に云(いわ)く 弘決(ぐけつ)第八に云く
 「必ず心の固きに仮(よ)つて神の守り則(すなわ)ち強し」云云(うんぬん),
 神の護(まも)ると申すも 人の心つよきによるとみえて候(そうろう)

(日蓮聖人著「四条金吾殿御返事」 57歳の時の著述)



「夫(そ)れ 浄土と云(い)うも地獄と云(い)うも外(ほか)には候(そうら)はず
 ただ我等(われら)がむね(胸)の間(あいだ)にあり
 これをさとるを仏(ほとけ)といふ,
 これにまよ(迷)ふを凡夫(ぼんぷ)と云(い)う」

(日蓮聖人著「上野殿後家尼御返事」 53歳の時の著述)







関連記事

温かい人

今日は,お約束通り,日蓮の「温かい手紙」を紹介してみます。

時は,1281年(弘安4年)の冬,
病気を患っていた日蓮のもとに
ある女性信者から,「酒」が届けられた。

その女性は,その前年の9月に,
愛する息子を,わずか16歳という若さで亡くしていた

親にとっては,「子供が自分よりも先に死ぬ
ということほど悲しいものはない。
(だから,聖書も,「復活」の話は,大抵,「親より子供のほうが先に死ぬ」という状況である。)

親は,子供の「死亡届」を出すものではない。」
と,子供を病気で亡くした人は言う。

今から紹介するのは,そのような悲しい境遇にある人が,
貧しい中から送ってくれたことに対する「お礼の手紙」である。

「やせやまい(痩せ病)と申し,とし(齢)と申し,
としどし(年年)に身ゆわ(弱)く,・・・この十余日(じゅうよにち)はすでに食も,
ほとを(殆)と とど(留)まりて候(そうろう)上,
ゆき(雪)はかさなり,かん(寒)はせめ候(そうろう)。
身のひ(冷)ゆる事 石のごとし,胸のつめたき事 氷のごとし。

しかるに,このさけ(酒) はたた(温)かに,さしわかして,・・・
一度のみて候(そうら)へば,火を胸に,たくがごとし。・・・

此(こ)の御志(おんこころざし)は,いかんがせんと
うれしくをも(思)ひ候(そうろう)ところに,
両眼より,ひとつのなんだ(涙)を,うかべて候(そうろう)
。」



(日蓮聖人著 「上野殿母御前御返事」 1281年12月8日著述)



12月,外を見れば,「雪」が降っている。
鎌倉時代,身を暖めるためのストーブなどは,なかっただろう。
そのため,病気で弱ってしまった彼の体は,
まるで「氷のように」完全に冷え切っていた。

そこに,送ってくれた「酒」を飲んだら,少し体が温まってきて,
なんとありがたいことだろうと思っていたら,
思わず,両目から「」がこぼれ落ちてきた
と言っているのである。

私は,この部分を読むと,「涙」が出てくる。


続いて,彼は,その女性の
去年亡くなった息子について言及し,こう述べる。

「去年の九月五日 こ(故)五郎殿のかくれにしは,
いかになりけると,胸うちさわぎて,ゆび(指)をを(折)りかず(数)へ候(そうら)へば,
すでに二ヶ年 十六月(つき) 四百余日にすぎ候(そうろう)が,
それ(貴女)には母なれば御をとづれ(音信)や候(そうや)らむ,いかにきかせ給はぬやらむ

ふりし雪も又(また)ふれり,ち(散)りし花も又(また)さ(咲)きて候(そうら)いき
無常(死)ばかり,またも,かへ(返)りきこへ候(そうら)はざりけるか,あらうらめし,あらうらめし」

(日蓮聖人著 「上野殿母御前御返事」 1281年12月8日著述)



雪は「また」降り,春になれば花も「また」咲く。
なのに,亡くなった五郎殿だけは,「また」帰ってくるということはない。
母であるあなたは,彼の声を,「もう一度聴きたい」と,
どれほど思っていることだろうと,思いやってあげている。

ここに,彼(日蓮)の「やさしさ」を私は感じる。

続けて,彼は,こう述べる。

「これ(日蓮)も,よも(恐らく)ひさしくも,このよ(世)に候はじ,
一定(いちじょう,「きっと」の意)五郎殿にいきあいぬと,をぼ(覚)へ候(そうろう)。
母(あなた)よりさきに,けさん(見参)し候(そうら)わば
母のなげき申しつた(伝)へ候(そうら)はん


(日蓮聖人著 「上野殿母御前御返事」 1281年12月8日著述)



日蓮は,「もうすぐ自分も死ぬ」ことを知っていたのかもしれない。
だから,たぶん,あなたよりも先に,私は五郎殿に会うだろうから,
そしたら,母の嘆きを息子さんに伝えますね,と言った。

そして,この手紙を書いてから約10ヶ月後,日蓮はこの世を去っていった。


さて,今日は,日蓮の手紙のほんの「一例」を紹介しただけだが,
日蓮の信者宛の手紙(特に,女性宛のもの)は,
大抵,こんな感じで,みんな「温かい」。

彼は,人間的に非常に「魅力的」である。


人が「何を信じるのか」は重要だとは思うが,
それ以上に,「その人物が魅力的かどうか」は,もっと重要だと私は思う。

今日の日本において,日蓮を信じている人が多くいるが,
それは,日蓮宗の教義だけでなく,彼のその「人格」が魅力的だからだろう。


そもそも,今から「700年も前」の日本で,
信者宛に書いた,こんな「個人的な手紙」が,
今でも,ちゃんと残ってるってのが,すごいと思う。

それは,その手紙を受け取った信者が,
それを「大切に保管していた」からである。





関連記事
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。