元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾製DVD-Rに,確実にバックアップをとる方法(「3GBの壁」) その(1)

つい先日,「確実にバックアップをとる方法
という記事を私は書いたのであるが,その翌日には
早速,もう「CRCエラー」が出たので,急遽,その記事を削除したのであった。
(人に迷惑がかかると思ったからである。
 RSS(フィード)には表示されても,記事が見れなくなってるのは,そのような理由である。)

それで,もう一度,書き直したいと思う。

今度は,

 「台湾製DVD-Rに,確実にバックアップをとる方法」(3GBの壁


と題して書いてみる。


さて,ついこの間,私のパソコンは「起動不能」となり,「リカバリ」した。
つまり,買った時と同じ状態に戻り,ハードディスクの中のデータは,すべて消えた。

そこで,普段から,大切なデータは,「バックアップ」をとっておく必要があることが分かる。

「バックアップ」とは,
プログラムやデータの破壊に備え予備の記憶装置にデータを複製しておくこと
という意味である。(「広辞苑」第六版)

そこで,今では,「DVD-R」や,「DVD-RAM」といった媒体に保存することとなる。
(昔は,「フロッピーディスク」や,「MO」に保存した。)


しかしだ。
ここに,重大な「くせもの」が潜んでいる。
すなわち,

 「CRCエラー


というものだ。

正確には,「巡回冗長検査エラー(じゅんかい・じょうちょう・けんさ・えらあ)」と言う。


このメッセージは,たとえば,バックアップしていたDVD-Rから
ハードディスクに「コピー」してる時などに,時々,現われる。

たとえば,以下のようなメッセージで表示される。

 「ファイルまたはフォルダのコピーエラー

  ○○をコピーできません。データエラー(巡回冗長検査CRCエラー)です。」



CRCエラー


しかし,これは,非常に「分かりにくい」説明だ。
いったいどれほどの人が,この言葉(メッセージ)の意味を理解できるのだろうか。


これは,非常に簡単に言うと,何らかの理由により,それは,

 「元のデータと同じではなくなってます」(ファイルが壊れてますよ

ということを,Windowsさんが,知らせてくれてるのである。

たしか,昔のOSだと,このような知らせもなく,
壊れたまま」ファイルをコピーしていたように思う。
だから,いつのまにか,コピーした画像が壊れてたりしたこともあった。
しかし,今のWindowsさん(OS)は,それを,ちゃんと知らせてくれてるのである。


しかしだ。
知らせてくれるのは,いいのだが,このメッセージが表示されると,
そのファイル(データ)を,まったくコピーできなくなってしまう。
そして,「OK」を押すと,作業がそこで完全に「中断」してしまうのである。


さて,この「CRCエラー」(巡回冗長検査エラー),
ファイル(データ)が何らかの理由で「壊れてる」(同じじゃない)
という意味だと説明したが,実際には,話はもっと複雑である。

実は,ファイルが壊れてない時もあるのだ。

じゃあ,なんで「CRCエラー」が出るのかっていうと,その場合は
ちゃんとは「読めなくなってる」(単なる「読み出し失敗」)という意味に過ぎない。

では,どういう時に「読み出し失敗」になるのかというと,
これまた複雑で,その時々で理由(原因)が違っていて,簡単には説明できない。
ある時などは単に,「パソコンの都合」(気分,気まぐれ)によるとしか思えない時もある。

だから,時間をかえ,日を変えて再び読み込むと,
「CRCエラー」にならないで,ちゃんと読み込みできる時がある
のである。
(あるいは,違う日には,違う部分が「CRCエラー」になったりすることもある。)


それゆえ,単純に,
CRCエラーイコールファイルが壊れてる
という意味ではない


これは,結構,重要な知識で,
たとえ,「CRCエラー」になったからといって,そのDVD-Rの側に一方的に原因がある
と決めつけたり,そのDVD-Rが「役立たず」になったと思って,捨ててはならない
多くの場合厳密に元通りにはならないとしてもそれは復元可能」(読み込み可)である。
それについては,またあとで説明したいと思う。

(この「CRC」(巡回冗長検査)の概念は,素人の私には説明が難しい。
 「CRC」(たとえば,CRC16,CRC32,MD5など)の値(ハッシュ値)を教えてくれるフリーソフトなど
 を使うと,これが,どういうものかが,だんだん分かってくると思う。
 http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se079017.html
 http://search.vector.co.jp/search?query=CRC

 要するに,「CRC」(巡回冗長検査)とは,コピーしたデータが,
 コピー元のデータと「全く同じデータですよ」(完全に一致してますよ)
 ということを教えてくれる仕組みである。
 だから,その数値(ハッシュ値)が違うと,「エラー」が出るのである。

 CRCに関しては,私のお薦めのソフト(役立つと思ったもの)は,掲示板のほうで言及しておいた。
 http://bb2.atbb.jp/strongwings/viewtopic.php?t=588



さて,以上のことをふまえて,今日は,肝心なその「CRCエラー」をなるべくなくして,
確実に「バックアップ」をとる方法について語りたいのであるが,
特に,台湾製の安いDVD-Rにバックアップをとる時の注意点について話してみたい。

(「CRCエラー」は,残念ながら,100パーセント防ぐ手段はない。
 だから,ここでは,「CRCエラー」が,いつでも起こり得るものとして考慮する。
 それが起きる原因は様々で,必ずしも,DVD-Rのほうにだけ責任があるわけではないが,
 特に「台湾製」などの安いメディアを使ってると,
 こういうこと(CRCエラー)は,「頻発」するようである。
 「THE 日本製」と書いてあり,それの「値段が高い理由は必ずあるのである。)


台湾製のDVD-R に関しては,必ず知っておいたほうがいい知識がある。
それは,

 「3GBの壁」(3ギガバイトのかべ


である。

DVD-Rは,焼く時,内側から外側(外周部)に向かって焼いていくそうである。

そして,4.7GBのDVD-Rでは,だいたい4.3GBくらいまで焼けると思うが,
台湾製DVD-Rの場合には,「外周部」の書き込み,あるいは読み込みの不安定さが顕著で,
3GBまでが,CRCエラーが出にくい」という特徴があるのである。
http://www19.big.or.jp/~shine/dvd/kprobe-cmc.htm

だから,台湾製のDVD-Rで,バックアップをとりたい場合は,
いつでも,書き込みするデータの容量を(なるべく)「3GB以内におさえるのがベストである。

http://homepage2.nifty.com/h344/dvd-media.htm

(私の経験では,「1.5GB」くらいまでが確実である。
 もちろん,いくら「内周部」でも,CRCエラーになることもある。
 ただ,内周部では,CRCエラーが起きにくい,ということである。)


この「3GBの壁」は,知らないと損をすることがあるので,一応,覚えておいたほうがいいと思う。
(それ以上の容量の時は,「日本製」(「国内メーカーという意味ではなく,「原産国が日本の意)のDVD-Rを使えばいい。
 元々,「台湾製は,3GBのDVD-R」と思っていればいいのではないだろうか。)


そして,DVD-Rに焼いた後には,必ず,あとで

 「もう一度,ハードディスクにコピーしてみること

である。

これは,二度手間だし,時間も倍かかるし,非常に面倒だが,
「CRCエラーがないかを確認するため」にできる,一番確実な方法である。

(しかし,私の経験では,焼いて「すぐにそのようにしてはならない
 「数時間後」,あるいは,「数日後に」してみるべきである。

 というのは,焼いた後すぐでは,「CRCエラーが現われないことが多い
 なぜかは理由は分からないが,DVD-Rの「温度」が関係してるのかもしれない。

 このことは,焼いた直後に行なういわゆるベリファイ」(Verify)コンペア」(Compare)では
 のちに起こり得るCRCエラーの発見は難しいことを意味する。)


非常に「単純な方法」だけど,この「確認作業」の大切さは,
実は,だあれも教えてはくれない

そして,いざ,使おうとしてDVD-Rからコピーしたら,
「CRCエラー」が出て,そのデータは使えないこととなる。
(しかし,多くの場合,「経年劣化」や物理的理由で全く読み取れない
 とはならない限りは,データは救出できる
 ただし,CRCの値(ハッシュ値)は狂ってしまうが・・・。
 その点については,あとで説明する。)


実は,だれでもそうだと思うが,「バックアップ」をとろうとして,
DVD-Rに焼いたばかりの頃は,まだ,ハードディスクに「元のデータ」が残ってるのである。

「DVD-Rに焼いたし,これでもう,ハードディスクから削除しても大丈夫だ」
と思って消すから,「元のデータ」が消えるのである。


しかし,焼いてから数時間後,あるいは,数日後に
DVD-Rに「CRCエラー」(書き込み,あるいは,読み出しエラー)があることが分かっていれば,
ハードディスクから,まだ削除はしないはずだ。
だから,DVD-Rから,もう一度,データをハードディスクの違う場所にコピーしてみるのである。

(私の場合は,「臨時ファイル」というのをつくって,
 その中にまた「CRCエラー確認用ファイル」をつくって,そこにコピーしてみる。)


そして,「CRCエラー」がでなければ,たとえば,
DVD-Rのレーベルやケースに,「CRCエラーなし確認済み」などと書き,
それから,ハードディスクの「CRCエラー確認用ファイル」にコピーされたファイルと,
「元のデータ」を,共に削除できる。
(「元データ」を削除すれば,もう元には戻らないので,
 心配なら,さらに焼くか,違うメディアに保存しておくこと。
 必ず保存する方法については,またあとで書く。)

もし,「CRCエラー」(書き込み,あるいは,読み出しエラー)がでたら,
その「元のデータ」を削除してはいけない。
そのような行為は,「もう二度と,そのデータが完全には元に戻らない」ことを意味する。
つまり,簡単に言えば,その状態では,「まだバックアップがとれてない」という意味だ。


さて,もう少し,その「CRCエラー」に備えてすべきこと
それがなるべく起きないようにできること起きた時にできること)を,次に書いてみる。






---------------------------


台湾製DVD-Rに,確実にバックアップをとる方法 その(2)
http://godpresencewithin.blog86.fc2.com/blog-entry-46.html

台湾製DVD-Rに,確実にバックアップをとる方法 その(3)
http://godpresencewithin.blog86.fc2.com/blog-entry-47.html

関連記事
スポンサーサイト

"Somewhere in time" 「ある日どこかで」

もうずいぶん前の話になるが,
私の尊敬する,ロバート・H・シュラー博士
可能思考プログラム」を買った時,
その取扱説明のテープのBGMに使われていた曲があった。

長年,私は,その曲の名前(タイトル)を知らなかった。
私は,その会社にメールを出して訊いてみたことがあったが,返信は来なかった。

その曲は,確か,和久井映見の「ピュア」というドラマの最終回でも流され,
私は何度も「和久井映見 ピュア 最終回 BGM」でググってみたが,
まったく分からなかった。


しかし,今回,たまたま,あるサイト(http://enchanting.cside.com/service/freemusic.html
においてリンクされてた「midomi」(ミドミ)というサイトで,
なんと,鼻歌で検索できてしまった。
http://www.midomi.co.jp/

この点については,掲示板でも言及した。
http://bb2.atbb.jp/strongwings/viewtopic.php?t=575
http://bb2.atbb.jp/strongwings/viewtopic.php?t=585

登録されてるデータにもよると思うが,
今回の場合,一発で検索できた。

私がずっと探し求め,
何度ググっても,まったく見つからなかった曲は,次の曲だ。







この曲の作曲者は,John Barryという人で,
曲名は, 「Somewhere in time」(ある日どこかで)というらしい。

1980年のアメリカの映画で使われた曲であるらしく,
おもわず,昨日,DVDをアマゾンで注文してしまった。(ものすごく安かったし)

ある日どこかで 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]ある日どこかで 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
(2009/07/08)
ジェーン・シーモアクリストファー・ブラマー

商品詳細を見る



「70年前」のある美しい女性と,時間を超えて恋に落ちる
という話のようです。
主演は,今は亡き,スーパーマン(クリストファー・リーヴ)の若い時です。

次のYouTubeの動画の2分過ぎ,
女性が髪をほどく時の美しさをご覧ください。





関連記事

リカバリに備えて (Windows起動不能)

昨日,非常に強力なウイルスに感染したらしく,
何をしても,Windowsが起動不能」になりました。

有名な「Ad-Awareを騙った偽物でした。
完全にだまされました。
100MB以上もあって,また,exeファイルしかなくて,
ちょっと,おかしいなとは思ってたのですが・・・

セキュリティのソフトも万全だし,
事前に,そのファイルのウイルスチェックもしてたはずなのに・・・。


「セキュリティ」をもっと堅くしようと思って,
見事,その反対の状態になってしまいました。


何度も挑戦したあげく,
あきらめて,「リカバリ」をすることとなりました。

おかげで,「メールのデータ」や,「お気に入り」など,
バックアップをとってなかった分,
およそ,一年分が消えてなくなりました。


おまけに,ある大切なデータを,
バックアップしていた「DVD-R」から
ハードディスクに戻そうとすると,ご丁寧にも,

 巡回冗長検査 (CRC) エラー


と出て,ハードディスクにコピーできない。

 なぬ~?!

どうやら,DVD-Rに焼いた時点で「ファイルが壊れた」ようで,どうしようもない。

これじゃ,せっかく「バックアップしてるのに意味がないじゃん

こういうのって,どうしようもないんだね。
21世紀なのに。

おまけに,「DVD-R」に焼いた媒体って,
少なくとも,10年~20年しか,もたないんだってよ。(日本製でもだよ)
たぶん,30年後には,「今記録したデータは,すべて消えてる」(読み取れない)っていう意味だよ。
何年かおきに,さらに別のDVD-Rにバックアップしておかないと。
(しかし,さらに焼いた時点で,「巡回冗長検査(CRC)エラー」になると,もうデータは,完全には元に戻らないという。)

これが,「デジタルの怖さってもんです。

大切なデータが壊れるのは,ほんと,一瞬の出来事です。
あっという間なくなります
大切な子供の成長記録さえ,「一瞬で」消えます。
(たとえば,ハードディスクが壊れる。記録したものが二度と読み取れない,など。)

何千年も前に書き記したデータを,「ずっと保存」できてる聖書の写本って,
21世紀になっても,すごいと思うよ。はっきり言って。
「超アナログ」だけどね。

もしかしたら,案外,記録の「長期保存」は,
デジタルより,アナログのほうが強いのかもしれない。


さて,それで,いつ「リカバリ」しても大丈夫なように,
次は,私たちがやるべきことを,ここに書いてみたいと思います。

関連記事
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。