元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日蓮という人

私が,まだ現役JWだった頃,そして,野外奉仕に熱心だった頃,
野外には,「創価学会」の人がいて,当時はまだ彼らは
日蓮正宗からは破門されてない時代で,
それはそれは,ものすごい「折伏」をしてきたものである。

(注: 「折伏」(しゃくぶく)とは,簡単に言うと,
 いわば「強制的に」相手を説得して改宗させる行為のことである。)

私は,そんな創価学会の人に何度も会い,
彼らのその強い信仰を見るにつけ,いつしか,
彼らのその強い信仰の「理由」(根拠)を知りたくなった。
そして,現役JWとしてはめずらしく,創価学会の教えを「調べた」のである。

たぶん,多くのJWは,そんなことはしないし,調べたりはしない
だから,私は,いわば,「変なJW」だったのである。


私が調べたのは,もちろん,創価学会の入門書である。
他に,本屋さんで買ったのは,二代目の戸田会長全集の一つである。
他に,日蓮正宗教学の教えが書いてある難しい専門書がいくつか。
そして,日蓮教学の辞書がいくつか。
そして,何よりも,日蓮聖人が書いた書物。(「日蓮大聖人御書全集」と言う。)

私が主に読んだのは,「入門書」と,「日蓮大聖人御書全集」。
みんなカラフルに線が引いてあるので,たぶん,そこらへんの
日蓮正宗の教学を学んでない,なんちゃって創価学会員よりも勉強してる


もちろん,御書を読んでも,「難しい言葉」がたくさん書いてあって,
仏教の「専門用語」などの意味は,ほとんど分からない。
ただ,まったくの門外漢の人間(クリスチャン)が,日蓮の書いた
ほとんどの書物に目を通してることに意味があると思う



いずれにしても,私には,少なくとも,「ほとんどの箇所に目を通した」という自負がある。
だから,多少なりとも,「まったく調べようともしない」人間よりは,
他の宗教に対して意見を言える立場にあると思ってる


これは,いわば,創価学会員(仏教徒)が,キリスト教の信仰に対して
意見を述べるために,「聖書全巻を読んでから」意見を述べるようなものである。
こんなことは,普通は,あり得ない。
そして,同じように,JWにも,あり得ないだろう。

みんな,どいつもこいつも,自分で直接調べたわけでもないのに
他人から聞きかじった知識で,偉そうに意見を述べやがる。


さて,こうして自分で直接,日蓮の書物をじかに読んでみて,
私が感じたのは,今から700年前の鎌倉時代の日本に,
こんなにも「論理的に」物事を考える人がいたのか
と,びっくりしたものである。

彼の書いた文章の印象を一言で表現するとすれば,それは,「論理性」である。
だから,言うことが,いちいち「説得力がある」のである。
つまり,「これこれこうだから,こうである」という説明が,非常に明確なのだ。

創価学会が,他宗教の人間を折伏する際の,あの自信は,
日蓮のこの「論理性」にある。
(私の言ってる意味が分からなければ,日蓮の書物を,直接読んでみればいい。)

もちろん,今のように「仏教史学」などが,まだ発達してない時代のことで,
法華経が,釈尊(仏陀)の死後,数百年も後に書かれたもので,
「聖書の影響を受けている」ことなど,まったく知られていない時代のものであるが・・・。

しかし,それでも,その当時(鎌倉時代)の知識の範囲内で,
あれだけの「論理性」を備えてることが,すごいことだと私は思うのである。


そして,彼(日蓮)の書物には,もう一つの特徴がある。
それは,信者あてに書かれた手紙が,ものすごく「温かい」ことである。
何度も読むと,涙が出てくる

つまり,人間的に魅力的」なのである。

とかく,彼の強い信仰,他宗排撃,折伏などに目が行きがちであるが,
彼のその信者宛の温かい手紙を読むと,彼に対する印象が変わるかもしれない。

エホバの証人の人は,自分で調べないから,
こういうことは,「知らない」のである。

いい機会なので,次は,日蓮のその
温かい手紙」を紹介してみる。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
Re: 日蓮という人
きたひろさん>
( ∂-∂)ノ(* ∂。∂)ノこんばんわぁ♪

私たちの「時間は限られて」ますので,
あまり無理のない範囲で,いろいろと勉強したいですよね。
たぶん,死ぬまで勉強だと思います。

日蓮聖人の書物のMP3も,あれば面白いでしょうけどね。
短い手紙くらいだったら,私でも作れるかもしれません。

しかし,今は,マーフィー博士の本のほうを,したいと思います。
2008/11/28(金) 21:14 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
Re: 日蓮という人
 possible さん ありがとうございます。


 自分も 「眠りながら成功する」を読んでいるところですが、1度2度くらいではぜんぜん感覚的につかめないので、何回も読んでおります、


 firisofaさん から頂いた mp3聖書は就寝時に聞きながら寝ております、あっという間に眠ってしまうのが難点ですが、全体的に捉えるのには良いかと思っています。


 今度は「日蓮聖人」の本も読もうと思います、いつもためになる情報をありがとうございます、今後ともよろしく。
2008/11/28(金) 09:18 | URL | きたひろ #790CxkE6[ 編集]
Re: 日蓮という人
きたひろさん>
( ∂-∂)ノ(* ∂。∂)ノこんばんわぁ♪

こちらこそ,よろしくぉ原頁ぃいたします。(゜゜)(。 。 )ペコッ

この,出来る範囲で,自分で直接「調べてから」意見を言う
という姿勢(原典主義)は,実は,「日蓮の姿勢」そのものなんです。
彼は,当時手に入る宗教の聖典を,おそらく,「すべて」読んでます。
(聖書は,なかったかもしれませんが・・・。)

だから,いちいち,言うことが説得力があるんだろうと思います。
たぶん,当時の僧侶(仏教徒)の中でも,
「すべての教典」を読んだ人はいないのかもしれません。

だから,彼は,自信をもって,そのあなたの言ってること(教義)は,
何という教典の,どこに書いてある?」って訊くんでしょうね。

まったく,すごい人だと思います。
2008/11/27(木) 20:59 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
Re: 日蓮という人
 possibleさん おはようございます、いつもありがとうございます。


 >みんな,どいつもこいつも,自分で直接調べたわけでもないのに,
 >他人から聞きかじった知識で,偉そうに意見を述べやがる


 大変耳が痛い、図星です。

 まだまだ不勉強です、「自分には出来ない」などと言うことはしません、これからも有用な話を聞かせてください、今後ともよろしくお願いします。
2008/11/27(木) 08:50 | URL | きたひろ #FCp7nJFY[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。