元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ネガティブな言葉」を吐くことの恐ろしさ

今日は,「ネガティブな言葉を吐く」ことの恐ろしさ
について述べてみたいと思う。

聖書は,「心の法則」(人の心の働き)を,
象徴」「比喩」,また,「たとえ」や「物語」(寓話や,ファンタジー)
などをふんだんに使って表現している。
(だから,必ずしも,それが「歴史上の実話」だというわけではない。
私が,聖書を「文字どおりに」とらえるのは間違ってると何度も言うのは,こういう理由である。)

聖書は,「比喩を理解する人でないと,本当の意味では理解できない。
だから,俳句,短歌,ポエム(詩)などをたしなむ人のほうが,聖書は理解しやすいはずと思う。

そのことを,よくわきまえて下さった上で述べてみる。


聖書には,ある時,こんなことがあったと記している。

「すると,集会のすべての者は声を上げ,民は夜通し声を張り上げて泣き続けた。
 そして,イスラエルの子らは皆モーセとアロンに対してつぶやき始め,
 集会のすべての者が彼らに向かってこう言いだした。
 「わたしたちはエジプトの地で死んでいればよかった
  でなければ,この荒野で死んでいればよかったのだ。」 」
 -民数記 14:1,2。[新世界訳]



これは,まあ,心にある「不平」「不満」を吐露したわけだが,
これに対して,エホバ(「I AM」,すなわち,心の法則では「内なる神」)の反応は,
おもしろいものがある。

こう書かれている。

「彼らに述べよ,『「わたしが生けるごとく」と,エホバはお告げになる,
 「あなた方がわたしの耳に語ったそのとおりのことを
  わたしがあなた方に対して行なわないとすれば!

 -民数記 14:28。[新世界訳]



「あなた方がわたしに耳に語ったそのとおりのこと」というのは,
要するに,彼らの,「死んでいればよかった」という言葉のことである。

そんなにも「死にたい」と言うのなら,
じゃあ,そのとおりにしてあげましょう
とエホバは述べてるわけだ。
これは,考えてみれば,実に恐ろしいことだと私は思う。

そして,文脈から分かるとおり,神は,
ポジティブな」ヨシュアとカレブだけを救うことを決定された。

そう。ポジティブな人だけが,「約束の地」に入れたのである。
ヨシュアとカレブが「約束の地」に行けた理由は,たった,これだけだ


イエスも,こう言われたことがある。

「わたしはあなたがたに,こう言いましょう。
 人はその口にするあらゆるむだなことばについて,
 さばきの日には言い開きをしなければなりません。
 あなたが正しいとされるのは,あなたのことばによるのであり,
 罪に定められるのも,あなたのことばによるのです
。」
 -マタイ 12:36,37。[新改訳]




神は,「私たちの語る言葉」に敏感に反応する。

だから,ネガティブな言葉を吐けば,
ネガティブな反応」が返ってくることを覚悟しなければならない。

反対に,常にポジティブな言葉を言うように心がけていれば,
ポジティブな反応」が返ってくると期待できる。

神(内なる神)が,常にその言葉を聞いているからである。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
Re: 「ネガティブな言葉」を吐くことの恐ろしさ
koroさん>
コメント,ありがとうございます。

だあ~れもコメントも,してくれないようだったので,
もう「次の記事」を書こうと思って書いたんですけども。(笑)

JWの解釈と私の解釈は,もう「ぜんぜん違うもの」ですから,
統治体がそれを隠すという意図はないと思います。

ただ,アメリカには「ニューソート」と呼ばれる優れた教会が,
ラッセルと時を同じくして存在しており,
そこから信者の目をそらさせたいという意図は,
もしかしたら,あるかもしれません。

もはや,21世紀は,JWのようなファンダメンタリストの時代ではありません。
これは,もう「過去の遺物」となるべき「古い考え」だと私は思います。


ところで,民数記14:28に関しては,
英語の「ものみの塔ライブラリ」で確認してみましたが,
本当に説明が書いてありませんね。(^_^;)

かろうじて,そこの「脚注」に出ています。
しかし,あまり,役立ちません。
2009/01/06(火) 18:58 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
Re: 「ネガティブな言葉」を吐くことの恐ろしさ
possibleさん、こんにちわ。

 私も民数14:28を、新共同訳、新改訳、口語訳で読み比べてみましたが、新世界訳が一番分かりにくいですね。{笑}殆ど意味不明

 しかも索引で調べてみたが、民数14:28を単独で解説している資料は塔66年p80だけで、そこを調べてみたが誤りなのか載っていないという馬鹿馬鹿しさ。

 マタイ12:36,37も同様で、索引で調べたが、「ヤコブの手紙」p103、塔63年p376、塔65年p338、塔79年3/1p22だけで、37節の部分を解説してある資料は一つもないですね。

 これらの聖句は、possibleさんの言われるように心の法則を述べている聖句に間違いなさそうですから、奴隷級はJWの信者にその事を隠しておきたいんですかね。やはり奴隷級なんて信頼できませんね。{笑}
2009/01/06(火) 16:09 | URL | koro #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。