元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道元の言葉 (強い願いはかなう)

大乗仏教の中に,「曹洞宗」(そうとうしゅう)という宗派がある。
ただひたすら座禅をする(それを「只管打坐(しかんたざ)」という)
という教えの宗派である。

日本におけるその宗派を開いた人は,「道元」という人である。
福井にある「永平寺」が,とても有名である。


私は,禅宗のことは,あまりよく分からない。
その教えも,あまり読んだことはない。

ただ,「道元」という名前だけは良く知っていて,
その人が,「正法眼蔵」(しょうぼうげんぞう)とか
正法眼蔵随聞記」という書物を書いた人だということは知っている。
(正確には,その弟子が記したようだが・・・。)

その書物の中に,「道元の言葉」として,次のように記されている。


「先(ま)づ(ただ)欣求(ごんぐ)の志(こころざ)しの切(せつ)なるべきなり
 譬(たと)へば重き宝をぬすまんと思ひ,
 強き敵をうたんと思ひ,
 高き色にあはんと思ふ心あらん人は,
 行住座臥(ぎょうじゅうざが)ことにふれおりに隨(したがっ)
 種種の事は かはり來(きた)るとも,其(そ)れに隨(したがい)て
 (すきま)を求め 心に懸くるなり
 この心あながちに切なるもの,とげずと云ふことなきなり。」

 正法眼蔵随聞記

 Google ブック検索



いくつか難しい言葉が出てくるので,説明しておく。

欣求」(ごんぐ)とは,喜び求めること,願い求めることである。

高き色」とは,ここでは,「高貴な美人」という意味である。
たぶん,ものすごい「きれいな女性」(美しい人)という意味なのだろう。

行住座臥」(ぎょうじゅうざが)とは,
「行」とは「歩行すること」,
「住」とは「ひとところにとどまって立つこと」,
「坐」とは「すわること」,
そして,「臥」とは「横にねること」である。
つまり,日常の動作のことだ。


それゆえ,この言葉の意味は,こうである。

「まず第一に,心から願い求めるという志が切なるものでなければならない
 
 たとえば,大切な宝を盗もうと思い,
 あるいは,強い敵を討とうと思い,
 あるいは,高貴な美人の女性を自分のものにしようと思う人は
 歩いていても,立っていても,座っていても,横になって寝ていても,
 ことにふれ,折あるごとに
,いろいろ事情は変わっても
 その時々に機会(チャンス)を求め,心にかけるものである
 
 その気持ちが並外れて切なる人の思いは
 遂げられない(願いがかなわない)ということはない。」



道元は,「思いが強ければ,その願いは必ずかなう
と教えてくれている。


しかも,この「たとえ」が実に面白いと思う。

「宝を盗もう」という考えは,はっきり言って「悪いもの」だろう。

また,「美しい女性を手に入れたい」と思うのは,
当時の出家した仏教の僧侶にとっては,あまり,いいことではなかったかもしれない。

しかし,ここでは,その願い(思い)が「良い」か「悪い」かは,まったく考慮してない

ただ,道元は,“常に”心に抱いている考えは,
しかも,その想いがものすごく強い場合には
その願いを遂げられないということはない,と教えてるのだ。


途中で「あきらめる」か,
「やっぱ,自分には無理だ」と思うか,

それとも,「やっぱり,どうしても欲しい」と思うか,
そして,それを得るまで,がんばり続けるのかは,
まったく,その人の自由である。


ただ,道元は,

 「この心あながちに切なるものとげずと云ふことなきなり

と述べている。

これは,鎌倉時代に悟りを開いた,一人の「高僧言葉である。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
「特定の人」という意味ではないのかも
ロンちゃん>
コメント,ありがとうございます。(゜゜)(。 。 )ペコッ

すごいですね。
永平寺に行って「食事」もしてきたんですか?

「相手の好みもあるのに~」というコメントのところで,
思わず笑ってしまいました。
「たしかにね」って思うから。(笑)

ま,「たとえば」っていう話なんでしょうね。きっと。
美人も,欲しいって「本気で」思えば,ゲットできちゃうよって。

この例えのミソは,「ある特定の人って限定してないところ」だと思います。
すなわち,たとえば,「Aさん」という人と結婚したいと思ったとして,
そのAさんが必ずゲットできるよと教えてるのではなく
Aさんのような美人」,あるいは,他の美人」の人かもしれないけど,
がんばればゲットできちゃうよ,ってことなんだろうと思います。

要するに,たとえ,Aさんに「断られて
自分にはもうYesと言ってくれる人はいないかも
って,思っちゃだめだよ,ってことなんだと思います。

つまり,「次の人にアタック」ということで。(笑)

私の尊敬するシュラー博士の言葉を借りれば,

 「海には他の魚がいる
  明日があなたを待っている。」

ということだと思います。
(これは,「失恋」や「愛を失って」希望を失った人に
 シュラー博士が述べた言葉です。)
2009/04/21(火) 20:26 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
Re: 道元の言葉 (強い願いはかなう)
possibleさん、こんばんは。

2年前、念願だった永平寺に行ったのですが、ごま豆腐とそばで満足して帰ってきてしまいました。

禅宗は、座禅をして邪念を振り払い、明鏡止水の心境となり悟りを開くものと勝手に思い込んでいましたが、こういう教えがあるとは・・。

諦めずにいけば、美人もゲットできるなんて、相手の好みもあるのに~といいたいところですが、韓国のことわざにも『倒れない木はない』というのがあり、粘り強くアッタクすれば落とせない女性はいないというものです。韓国男性が熱いのも尤もなことです・・。調べてないので分かりませんが、仏教の教えの影響があるのでしょうか?

<華厳経の言葉>についてですが、よく外国語の学習では、自分のゴールをビジュアル化(ペラペラになっている自分とかイケメンの外国人の恋人とデートする自分とかを想像)するなら、モチベーションを高く保つことができて上達が早いと言われますが、こんな昔に自己開発法(イメージコントロール)のような言葉があるとは驚きです!

いつも為になる言葉を有り難うございます。

以前にも書きましたが、元々自力本願(禅宗)タイプのロンですので、今回の言葉には共感するものがありますが、自力本願の人は、自分の能力に頼って強くなる反面、エネルギーや能力の限界に苦しむこともあると言われていますので、余りに達成不可能な妄想に走らないよう気をつけたいと思います。

お元気でお過ごし下さい。
2009/04/17(金) 00:37 | URL | ロンちゃん #-[ 編集]
おひさしぶりです
greenさん>
コメント,ありがとうございます。(゜゜)(。 。 )ペコッ

霊の実さんのところに出入りなさってた方ですよね?
会社を経営なさってる実業家の。
greenさんは,“文字どおりの”一国の「」(社長)だと思います。

良い出会いがあったようで,よかったですね。
また,JWから完全に「決別」されたのは,
greenさんの人生にとって,さらに良いことだと私個人は思います。


ほんと,greenさんのおっしゃるとおり,
「正しい祈り」だけが聞き届けられるのではありません。

祈りがかなうかどうかは,その願いの強さ」にあります。
そして,その願いの持続性(すなわち,忍耐),
また,行動し続けること努力実行)にかかっています。
そこに,願いが「正しい」か「間違ってる」かの差はないのです。

これは,どうして悪が繁栄するのか」の説明にもなります。
つまり,彼らは「願いが強い」のです。

この点で,神が定めた法則は,人を「分け隔てなさいません
神はきっと,「願いが強ければかなう」という法則を定めたのです。

イエスはだから,その願いが「正しいか」どうかはまったく聞かずに,

 「求め続けよ。そうすれば与えられる」
  -マタイ7:7。(詳訳聖書。いのちのことば社発行)

と教えました。
2009/04/09(木) 23:20 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
Re: 道元の言葉 (強い願いはかなう)
すみません、本題をすっかり忘れていました。

『ここでは,その願い(思い)が「良い」か「悪い」かは,まったく考慮してない。』

ここがとても重要だと思います。クリスチャンの中には正しい祈りだけが聞き届けられると信じていますが、そのせいで自己矛盾に陥って折角の信仰(追い求める気力)が勢いを失っているように思います。
2009/04/09(木) 22:04 | URL | green #.TsaQXQQ[ 編集]
Re: 道元の言葉 (強い願いはかなう)
possibleさん今晩は。お元気そうでなによりです。
私は以前エホバの証人と聖書研究をしていた事があり、こちらにも何度か書き込みをさせていただいた者です。
先日、エホバさんから死の記念式のお誘いをいただいた事で、こちらを思い出しました。

possibleさんは私のこと憶えておられないかも知れませんが、私は多くの貴重な記事にどれだけ助けられたか分かりません。その節は無知な素人の質問にも丁寧に応答してくださり本当にありがとうございました。

私は昨年エホバの証人と決別してからバプテスト派のアメリカ人宣教師夫妻との出会いがあり、水のバプテスマを受けました。
自分の信じる「キリスト」を生涯を通じて追い続けることを決意するにあたり、それまで批判的だった儀式を受ける事で自分の頑なな思いを捨てようと思ぃつき実行しました。

私の信条は伝統的キリスト教の教理とは本質的に違うし、手垢に塗れた聖書の、更にその翻訳をそのまま盲信するのは神の御心に反すると思っているので、つまり生れながらの「異端」なわけですが、私は「王」なので少しも問題ありません^^v笑

これから自分なりに勉強して、有益な事は「兄弟姉妹たち」とも分かち合いたいと思っています。彼らが(また私自身が)真剣に追い求めているなら、きっと紛らわしい迷信から出られると思います。
為になる記事が沢山なので、ぜひ勉強させて下さい。
それでは。
2009/04/09(木) 21:57 | URL | green #.TsaQXQQ[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。