元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべては,私たちの「心」次第

日蓮聖人は,まだ青年の若き頃(34歳の時),こう述べていた。


 「衆生(しゅじょう)の心けがるれば 土(ど)もけがれ
  心清ければ 土も清しとて
  浄土と云ひ 穢土(えど)と云うも 土に二(ふたつ)の隔(へだて)なし
  (ただ)我等が心の善悪によると見えたり

  (日蓮聖人著「一生成仏抄」 34歳の時の著述)



ここに出てくる「穢土」(えど)という言葉は,
「穢(けが)れた土」と書いて,「汚れた国土」のことを表している。
これはもちろん,仏や菩薩の住む「浄土」(じょうど)に対する言葉である。

しかし,日蓮は言う。
「浄い国土」(浄土)も「穢れた国土」(穢土)も,土に二つの隔てはない。
ただ,私たちの「」の善悪によって
そこが「浄土」にもなり,「穢土」にもなると。

これもまた,実に奥が深い,いい言葉だと私は思う。


聖書にも,似たような言葉がある。
それは,使徒パウロが述べた言葉である。


 「わたしは知り,また主イエスにあって確信しているのですが,
  それ自体で汚れている物は何もありません。
  ただ,人がある物を汚れていると考える場合にのみ
  その人にとってそれは汚れたものなのです。」
  
  -ローマ 14:14。[新世界訳]



この説明など,ほとんど日蓮聖人が言ってることと同じだと私は思う。
すべては,その人の「」が決めるのだ

だから,ある人にとっては,それは「汚れている」し,
ある人にとっては,それは「汚れていない」(清い)のである。

これは,完全に,「心の法則」を教えているのではないだろうか。


たとえ,「同じ事実」や「同じ対象」を見ても,
すべての人が,まったく同じように考えたり,感じたりするわけではない。

すべて,その人の「」がそれを見て判断するのである。

「それは良くない」とか「すばらしい」とか,
「美しい」とか,「きたない」とか,
「うれしい」だとか「うれしくない」だとか,
「しあわせ」だとか,「不幸」だとか。


今,「しあわせだ」とか「不幸だ」とかって感じるのも,
皆,私たちのがそう判断してるのである

だから,もし,その人の「心がネガティブ」なら
そのネガティブな心で世の中や周りを見ているのだから,
きっと,「すべてがネガティブに映る」ことだろう。


一方,もし,その人の「心がポジティブ」なら,
まったく「同じ事実」を見ても,「同じ苦しみや悲しみ」に出会っても,
きっと,違うふうに反応するだろう。

その悲しみや苦しみの中にも,
その人はきっと,「ポジティブな点」を探しだし,
強く立ち上がって,再び,前に進もうとするだろう。
そして,その経験をとおして,他の人を励ますのである。

私たちは,そのような人になりたい。


最後に,もう一度,日蓮聖人の言葉をここに引用して,この記事を終わりにする。


 「浄土と云ひ 穢土(えど)と云うも 土に二(ふたつ)の隔(へだて)なし
  (ただ)我等が心の善悪によると見えたり







関連記事
スポンサーサイト
コメント
Re: すべては,私たちの「心」次第
emimonnさん>
コメント,ありがとうございます。(゜゜)(。 。 )ペコッ

「空色勾玉」ってのが分からなかったので,
ネットでちょっと調べました。
なんか,奥が深そうな話ですよね。


なお,三種の神器の一つ「勾玉」そのものについては,
私は,自分が書いた記事の中でコメントしてますので,
もしよかったら見てください。
http://godpresencewithin.web.fc2.com/pages/zatsugaku/yatanokagami.html

そこでは,その「勾玉の形」が,神の御名「YHWH」の
「Y」の字にあたるヘブライ語と「そっくり」だと述べています。


> キリスト教にしても、 仏教にしても、 切り開いていくひとたちの言葉って、
> ほんとにすごいんですね☆

ほんとですね。
2009/05/15(金) 23:32 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
Re: すべては,私たちの「心」次第
ちょっと的が外れるかもしれないですけど、、 空色勾玉 という本を 思い出しました。

黄泉のくにへ たびだってしまった 妃への思い。  死を恐れる輝のひとと、 死があるからこそ輝くものを知る闇のひととの 葛藤。

でも、 さいごに その二つは、 輝と 闇の 壁を越えて 愛し合った 若者たちを 通じて、また和解しました。

汚いもの、 恐ろしいもの、 醜いものを 恐れる気持が、 穢れを産むのでしょうね。

キリスト教にしても、 仏教にしても、 切り開いていくひとたちの言葉って、 ほんとにすごいんですね☆
2009/05/14(木) 14:28 | URL | emimonn #fooDJsNA[ 編集]
Re: すべては,私たちの「心」次第
先ほど,コメントが消えたので,もう一度書きます。

きたひろさん>
( ∂-∂)ノ(* ∂。∂)ノこんばんわぁ♪

そうでしたか。
いろいろ,ありますよね。お互いに。v-290

ネガティブな人間」は,ほんと,どこにでもいます。
日本だろうと,海外だろうと。
北海道だろうと,関東だろうと。
(私は,そういう人間を「ネガティブ野郎」と呼んでいます。)

私は,ネットにおいて,常に,そうした輩と「闘ってきた」ように思います。
つまり,常に,「皮肉イヤミしか言えないやつとです。

しかし,現実生活においては,それは得策ではありません。
無視」するか,「笑い飛ばす」のが一番です。

もちろん,家族や愛する人を「守る」時には,
男は,闘わねばなりません。

私は,だから,「ラスト・オブ・モヒカン」という映画が好きです。
これは,たった3人で,何百人もの敵と戦い,
「愛する人を助けに行く」という映画です。
http://www.youtube.com/watch?v=HWGRnHOhGiE&fmt=18
2009/05/13(水) 19:51 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
Re: すべては,私たちの「心」次第
possibleさん こんばんは。

 新しい記事ありがとうございます。

 自分も周りがやたら「ネガティブ」に見える事があります。

 今日も否定的思考な方と口論になってしまいました。

 そんな時に、このような記事、大変ありがたいです。

 もっと、肯定的に、前向きに進まねば・・・・。

 また、私に力を与えてくださりありがとうございます。
2009/05/13(水) 18:56 | URL | きたひろ #R.yfsfgE[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。