元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「わたしの救いの神」の意味


 「いちじくの木が花をつけず,ぶどうの木に実がならなくても,
  オリーブの木が不作に終わり,段丘が全く食物を産み出さなくても,
  羊の群れが全くおりから絶え,囲いの中に牛の群れがいなくなっても,
  それでもわたしは,ただエホバにあって歓喜し,
  わたしの救いの神にあって喜びにあふれます。」
  
  - ハバクク 3:17,18。[新世界訳]

http://www.watchtower.org/j/bible/hab/chapter_003.htm#bk18




さて,今日は,私が現役エホバの証人だった頃,
個人的に「こだわっていた」ことについて述べてみたいと思う。

それは,聖書の中の

 「わたしの救いの神

という表現について,である。


さて,ここの「どこに」こだわってたの?
って,あなたは思うかもしれない。

実は,わたしの

 「救いの神」

じゃないという点に,なんです。


 (∂。∂?) はあ?


私の言いたいことが,まだよく分かんないという人のために,
「英語」で説明してみますね。

これ,日本語だと分かりづらいんですが,
英語では,この「わたしの救いの神」は,

 "the God of my salvation"

と書きます。


つまり,どういうことかというと,

 「わたしの救い」の神

なんです。

分かりますかね?


つまり,

 わたしの 「救いの神

と言ってるんじゃなくて,

 「わたしの救い」 の神

だって,聖書は言ってるんです。


これ,ちょっとした違いだけど,「ものすごい違い」だと思うんですよね。私は。

神は「救いの神」だから,すごいって言ってるんじゃなくて,

 「私の救い

の神だから,すごいねって言ってるんですね。聖書は。


これ,案外,知らない人,多いんじゃないのかな?

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント,ありがとうございます
emimonnさん>
コメント,ありがとうございます。

I AM」(内なる神)というのは,私の現在の「信念」ですから,特に,「自分の好きなことを書く」ブログでは,それについて頻繁に言及しますけども,emimonnさんが仮にそれとは違う神を信じていたとしても,いちいちそれを否定したり,間違ってると言ったりするわけではありませんよ~。

私の信念を,ここを訪れる人たちに「強制」したり,「同意を求めたり」も,別にしたりはしません。

なんでも思ったことを,好きなように書いてくださればと思います。
(そもそも,ブログの内容を見ていただければ分かりますが,「キリスト教に限定されてません。)

いつも遊びに来てくださって,ありがとうございます。
感謝しております。(゜゜)(。 。 )ペコッ
2009/05/26(火) 23:44 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
No title
びっくりしました。 possibleさんの、 I am というご意見とは ずいぶん違う書き込みをしてしまったなぁ と、おもってましたので。

今日は 神様のプレゼント ですね○o。.
ほんとに、 最近 そう思います。
生きてるだけで まるもうけ ってかんじです☆
2009/05/26(火) 22:17 | URL | emimonn #pCOFIoE2[ 編集]
ありがとうございます
emimonnさん>
コメント,ありがとうございます。(゜゜)(。 。 )ペコッ

> 神様がいて、 そこにはきっと なにもかも超えた おおき
> な気持ちがあると、 わたしは勝手に思ってます。

そうですね。v-238
emimonnさんのおっしゃるとおりですね。

ネ申様は偉大です。

その「大いなる愛」に包まれて,
私たちは今日も命を与えられて,生きています。v-25
2009/05/26(火) 19:19 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
こんにちは
 eminonnさん、こんにちは!

 ありがとうございます、うれしいです。

 阿蘇、何度か行った事ありますよ、ゆうだいですばらしかったです、九州には知り合いがおります、何年か前に湯布院に行きました、九州には自然もさることながら、北海道には無い文化がありますよ。

 今後ともよろしくお願いします。

 さて、午後も、ハクセキレイ君と農作業です


 

2009/05/26(火) 12:42 | URL | きたひろ #R.yfsfgE[ 編集]
No title
こんにちは、 possibleさん☆
素敵なお話ですね。
神様は、、 わたしにとっては、祈りの相手 でした。
いまは、 わたしの微笑みの元 ですかねぇ~*
神様がいて、 そこにはきっと なにもかも超えた おおきな気持ちがあると、 わたしは勝手に思ってます。

きたひろさん  はじめまして☆
いつもやさしい投稿をなさいますね。
北海道のおおきな空気、 あじわってみたいなぁ(*^_^*)
阿蘇にふらっと行くと、  あの霧の上には青空があるなぁっておもって、 そのあとほんとに日が差してきて、 風が吹き抜けて、、、  肩こりが治ります
2009/05/26(火) 08:16 | URL | emimonn #pCOFIoE2[ 編集]
No title
きたひろさん>
( ∂-∂)ノ(* ∂。∂)ノこんばんわぁ♪

いつも,さわやかなコメントをいただき,
本当に,ありがとうございます。(゜゜)(。 。 )ペコッ

同じ日本でありながら,明らかに
本州と北海道では「景色」が異なります。

きたひろさんのコメントを見て,私は,
雄大な北海道の景色を,いつも想像しています。

ああ~ ああああ あ~あ♪
ああ~ ああああ あ~♪


「ぼくの夏休み」っていうプレイステーション3の
ゲームをしてるのですが,北海道編なので,
「~っしょ」という言い方をゲームの中の人物がします。
2009/05/25(月) 21:48 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
いつも ありがとうございます。
 possible さん、ここを訪れる皆さん、こんばんわ。

 新しい記事ありがとうございます。

 ブログもグリーンが基調な爽やかな感じになりましたね。

 今日のこちらも、綺麗な青空で、まだ雪の残る白、松や麦・新緑の草木の緑、地面の茶、色んな色にあふれています。

 「私の救い・の神」、今日の自分にとっては「私の癒し・の神」でしょうか。

 農作業中、ふと周りを見ると、ハクセキレイが自分と一緒に歩いています、遠くでカッコウの鳴き声も聞こえます、一斉に湧き出す緑、生命力とエネルギーを感じます。

 自分は自然からエネルギーを頂いています、私の救いはここにもあります。

 それでは、また。

 

 
 
2009/05/25(月) 20:25 | URL | きたひろ #R.yfsfgE[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。