元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは「神の神殿」である

聖書には,次のような,とても興味深い,
そして,思考を刺激する言葉が書かれている。


 「あなた方は,自分たちが神の神殿であり
  神の霊が自分たちの中に宿っていることを知らないのですか。」
  
  - コリント第一 3:16。[新世界訳]
  http://www.watchtower.org/j/bible/1co/chapter_003.htm#bk16



さて,現役のエホバの証人のうち,いったい,どれほどの人が,

 「自分は神の神殿だ」,
 「神の霊が自分の中に宿っている

ということを“知っている”だろうか。

たぶん,聖書のこの言葉を読んでも,
その「意味」を,あまり深く考えたことがないかもしれない。


さて,使徒パウロは,同じ「コリント第一の手紙」において,
同様の,次のような言葉を残している。

 
 「あなた方の体が,あなた方の内にある聖霊の神殿である
  ことを知らないとでもいうのですか。」
  
  - コリント第一 6:19。[新世界訳]
  http://www.watchtower.org/j/bible/1co/chapter_006.htm#bk19




さらに聖書は,次のように述べる。


 「わたしたちは生ける神の神殿なのです
  神が言われたとおりです。
  「わたしは彼らの中に住み,彼らの中を歩くであろう。
   そしてわたしは彼らの神となり,彼らはわたしの民となる」。」
 
  - コリント第二 6:16。[新世界訳]
  http://www.watchtower.org/j/bible/2co/chapter_006.htm#bk16




聖書の教えは非常に明確である。

すなわち,

 わたしたちは神の神殿である

ということである。

だから,わたしたちの中に神は住む("I will dwell in them" KJV),と聖書は述べているのである。
http://bible.cc/2_corinthians/6-16.htm


これは,「内なる神」(God presence within you)を信じてる人たちにとっては
非常に分かりやすい聖書の言葉であるけれども,ある人たちにとっては,
“衝撃的な”,また,思考を刺激する言葉ではないかと私は思う。

それは,「内面」を“象徴的,比喩的に”描写した,
聖書の非常に「美しい表現」の一つである。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
至聖所
firisofaさん>
コメント,ありがとうございます。

「神殿」が体,
「至聖所」は心
というのは,本当だろうと思います。

そこは,神の「臨在」する場所,
そして,新約聖書では「天」を象徴する場所として知られています。

そこには,「大祭司」以外の者が入ることは許されず,
他の誰かが入れば,「死ぬ」ことになっていました。

それは,私たちの「心」の中に
「他の誰かが土足で入る」ことを許していないこと
を示していると私は思います。
2009/07/19(日) 20:45 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
至聖所はさしずめ「心」。
考えさせる「良い」部分をありがとうございます。

体を神殿にたとえるなら、聖所は「思考(思い)」で、至聖所は「心」ということができますね。

さらなる論考の価値有り!!
 早速考えよ~っと。
2009/06/08(月) 20:46 | URL | firisofa #-[ 編集]
そこは「神聖な場所」
きたひろさん>
コメント,ありがとうございます。(゜゜)(。 。 )ペコッ

そのJWの人との会話で,
ポジティブなコメント」を返せる きたひろさん,
ほんと,かっこいいですよ。

ところで,私たちは「神の神殿」である
ということについての,きたひろさんのお考え,
ほんと,きたひろさんのおっしゃるとおりですね。
そこを,「否定的なゴミ」や,「不安・恐怖といったホコリ」で
汚さないように気をつけたいですよね。

たぶん,「聖書」(聖なる書物)というのは,
そういうことを教えてるんだと思いますね。だから,

 「身を清く保て」とか,
 「汚れから離れよ

って教えられているんだと思います。

それらは,すべて,「自分が神の神殿だから」ですよね。
つまり,「神がそこに住んでいるから」です。

だから,いつも「否定的な考え」ばかり抱いていたら,
「神殿である自分」に対しても,そして,
「自分の中に住む神」に対しても,ほんと,申し訳ないですよね。

そこは「聖域」なのであり,「神聖な場所」なのであり,
他の誰にも土足で入ることを許してはならない場所」なのであり,
そのような「ほこり」や「ゴミ」が一切あってはならない場所なのだと思います。
2009/05/31(日) 16:16 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
神の神殿
 おはようございます、possibleさん。

 新しい記事、ありがとうございます。

 「自分は神の神殿である」いい言葉です、自分の心臓すら自分で動かすことが出来ない私たち。

 全ては全世界に満ちている力(エネルギー・神)によって生かされている、そう考えると「内なる神」に従い心を平安に保つことがたいせつだと、感じます。

 「神が住む神殿」を否定的なゴミや、不安・恐怖といったホコリで汚さないように気をつけます。

 そしてまた、他の方にも「ゴミやホコリ」を投げつけないよう気をつけたいものです。

 この間、エホバの証人のご夫人とお話する機会がありました、柔らかな表情の中で投げかけられた言葉は

 「天候が不安定でこれからどうなるのでしょう」とか、「お仕事がんばっておられますね、あまりがんばりすぎると後でガタがきますよ。」などという言葉でした。

 それに対する自分の言葉は、「色んな日があるのだけれど、その状況にあわせて行けば良いのでは、毎年同じことは無いのだから、きっとそれが腕の見せ所ですよ・・・。」
 「自分がやりたい・出来ると想っているので苦にはなりませんよ・・・」でした。
 うーん、もっとポジティブにね。

 ここを訪れる皆さんにも「心の平安」がありますように。
 昨日の末っ子の体育祭に参加して筋肉痛の残る キタヒロでした。
2009/05/31(日) 08:25 | URL | きたひろ #R.yfsfgE[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。