元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ 「マリアとドラクゥ」 (その2)

しばらく前に,

 オペラマリアとドラクゥ」 (ファイナル・ファンタジー6
 (曲の名は,"Aria di Mezzo Carattere",「アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ」)

に関する記事を書いた。
http://godpresencewithin.blog86.fc2.com/blog-entry-20.html


その後,5/11の編集において,この素晴らしいMP3の作者
Lina/3PGFc」という名前の方であることも示した。
(多くの人は,動画は知っていても,そのMP3の作者の名前さえ知らない。
 もちろん,この曲の作曲自体は,「植松伸夫」(うえまつ のぶお)氏である。)
http://bb2.atbb.jp/strongwings/viewtopic.php?t=321&start=10

そして,昨日なんですが,「2ちゃんねる」において,
彼が,以下のアドレスで,その「midi」を公開していたことが分かった。
http://www.yonosuke.net/dtm/data/6077.mid

(以下のアドレスのNo.35の部分です。
http://odasan.s48.xrea.com/vocaloid/2ch03.html

しかし,残念なことに,そこ(アップローダー)は,もう削除されてて,つながらない。

おそらくではあるが,5/11の時点では,「MP3」がダウンロード可能だったので,
その時点で,「midi」(6077.mid)の存在も知っていたら,ダウンロードできてたかもしれない


非常に残念だ。
必要な時には,見つからないんだよね。なぜか。

なんで,みんな,そういうの,教えてくれないのかな~
この音楽に関心がある人,いないのかな~?


「2ちゃんねる」は,ほんと,99パーセントのカキコがくだらない。
しかし,1パーセントか,それ未満の確率で,非常に良いものが隠れてる。
それを「探し出す」のが,ほんと,たいへんだ。
おかげで,貴重な「midi」(6077.mid)をダウンロードする機会を失ってしまった。

この「6077.midの最大の特徴は,歌の2番目以降のシンバルドラムの音(「どんという音。この打楽器の名前は「ティンパニ」と言うらしい)です

Lina/3PGFc氏は,こう述べている。


「カラヤンがよくやった柔らかマレットで叩かせるティンパニが好きだから,
 そういう風に加工しました。・・・
 ただ,連打の効果に関しては,大好きなマラ3タコ5の最終楽章からパクりました。orz
 これはこれで良いと思っています。 」


(注: 「タコ5」とは,「ショスタコーヴィチ 交響曲第5番」のことと思われます。)






どなたか,この「midi」(6077.mid)を持ってる人がいたら,私にも分けてください。

また,どなたか,Lina/3PGFc氏との連絡方法を知っていたら,教えてください

また,Lina/3PGFc氏が,もしこのブログを見ていたら,
あなたが作ったその素晴らしい「midi」(6077.mid)を,私にも,くださいませんか?

あなたが作ったその「midi」と「MP3」は,あなたがそれを2004年に作ってから,
かれこれ 5年経とうとしていますが,いまだにあなたが作ったものを超えるものが出てきません。
(「Vocaloid Meiko」が一番歌唱力があるから,という点もあるのですが・・・)

自分にそのmidiを自作できる力が私にあれば,一番いいのですけども。
残念ながら,現時点では,その能力は私にはありません。


なお,そのmidiから録ったMP3を,かろうじて以下のアドレスで聴くことができます。
6077.mid - 16.4 K」と書いてある部分です。
http://www.musipedia.org/search.html?sourceid=melody-url&tx_mpsearch_pi1%5Bsubmit_button%5D=Search&tx_mpsearch_pi1%5Bpc%5D=hum+0-68-1%2F0.3125-75-1%2F0.9375-73-1%2F1.25-70-1%2F1.875-71-1%2F2.1875-78-1%2F2.8125-76-1%2F3.125-74-1%2F3.75-75-1%2F4.0625-82-1%2F4.375-80-1%2F4.6875-78-1%2F5-77-1%2F5.3125-76-1%2F5.625-75-1&coll=w&categories=&L=


しかし,なんでmidiの状態(元の状態のまま)で保存してないんだろって,ここでまた,すごく残念に思う。
これじゃ,聴けても役立たない。


「MP3」じゃなくて,「midi」がなぜそれほどまでに大切なのかっていうと,
それを使って,自分でも,「ボーカロイドで歌わせたいからです。

かつて,これほど,「midiの大切さ」を思ったことがない。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
ご意見を,ありがとうございます。
もう2年も前に書いた昔の記事へのコメントとご意見を,ありがとうございます。
しかも,なぜか,お二人もの方が,いっぺんに。


> Lina/3PGFc氏がこのブログエントリーを見ても
> 気分を悪くするだけでしょう。

なるほど。

まあ,「そういう意見もあり」でしょう。
しかし,それは,あくまでも,「あなたの」意見。「Lina/3PGFc氏の」意見をお伺いたいものです。
彼は当時,ご自分が「編曲」したものを,そんなにも「音楽に詳しい人たち限定で」提供していたのでしょうかね。


> 「ボーカロイドに歌わせたい」だけでしたら、
> メロディーラインだけを拾うだけで十分でしょう。

なるほど。

それはまあ,確かに,『あなた様の観点では』それで「十分」なのでしょうが,こればっかりは,「Lina/3PGFc氏による編曲」が好きなので,それに合わせて,一度,歌わせてみたかったということなのです。

音楽のセンスが私には「まったくない」ということは,十分,承知しておりますし,記事にもそう書いてあります。

特に今,あなた様に述べる必要もないことでしょうが,私が保育園に行ってた頃,「ピアニカ」の授業がありまして,「どうして,そんなこともできないの?」と先生に怒られた記憶があります。私の保育園に行ってた頃の記憶は,ただただ,「先生に怒られていた」という「その記憶」しか残っておらず,ほめられたとか,楽しかったという思い出がありません。なぜか私の脳裏には,その「ネガティブな記憶」だけが鮮明に残り,それ以来,私は,「音楽が嫌いな人間」になっております。
(当時,先生に,「やれば出来る」とか,もっと丁寧に教えてくれる「ポジティブな先生」に出会えてれば,違っていたのかもしれません。ピアニカの出来ない馬鹿な子でも,「どうしてそんなこともできないの?」という日本語は,ちゃんと理解し,いつまでも消えない記憶として残っているのですから。)

「ボーカロイド」というのは,その「音楽が嫌いな人間」に,音楽に接してみようという機会や動機づけを与えてくれたという意味では,画期的な製品なのだろうと思います。

今後の私の人生において,「音楽について教えてくれる先生」(「どうしてそんなこともできないの?」と呵りつける先生ではなく,音楽が嫌いだった人間が,DTMをやりたいと思ったこと自体を誉めてくれるようなポジティブな先生)がいるならば,midiの制作とかについても挑戦してみたいと思います。「楽器」は,幼い頃の記憶で,アレルギーがありますので,「パソコンで打ち込む」だけなら,私にも可能性があるような気がいたします。

「その程度の簡単な努力もしないで」とのコメントは,100パーセント「あなた様のおっしゃるとおり」でありまして,特に反論もございません。しかし,これは,私への「叱咤激励」と考えて,幼い頃のネガティブな記憶はもういいかげん捨て,それを言い訳にせず,少しは「努力」をしてみたいと思います。


> 他人の作ったmidiデータに歌詞を流し込んで
> 「歌わせた(キリッ)」って、恥ずかしくないですか?

いいえ。べつに,私は「恥ずかしくはない」です。
私にとっては,当時,「それをしたかった」ので,「したい」と述べただけのことです。しかも,自分に音楽的センスはまったくなく,「自分では作れない」ので,それが欲しかったということです。
(そもそも,ボーカロイド自体に,他人が作ったmidiであろうと,それを使って歌わせる機能が付いています。私のような「素人」にできるのは,まず,「そこ」です。そして,「自分の好きな曲で,まず」歌わせてみたい。そう素人が思ったわけです。)

たとえ,歌わせたところで,「自分はすごい」と言うつもりもないです。そんな,他人からもらったmidiで歌わせて「自分はすごい」と言い,自分に栄光を帰してれば,十分「恥ずかしい」でしょうが。

「著作権」の問題に関しては,コメントは控えさせていただきたいと思います。「その問題の複雑さ」については,簡単に論じることはできません。そもそも,その問題に厳密にこだわると,紹介してるYouTubeの動画自体,削除対象となるかと思います。
この記事は2009年に書かれたもの(2ちゃんねるの記事自体は2004年)で,その後,著作権の法律も変わり,問題は,より複雑になっています。
2011/08/19(金) 06:31 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
>それを使って,自分でも,「ボーカロイド」で歌わせたいからです。

他人の作ったmidiデータに歌詞を流し込んで「歌わせた(キリッ)」って、恥ずかしくないですか?

そもそも著作権的に問題のあるデータをブログ上で堂々とクレクレする姿勢もどうかと思います。
2011/08/19(金) 00:35 | URL | 971 #qHu8JIj6[ 編集]
当時のスレ住人です
当時リアルタイムにスレッドに居た者です。
お探しのデータは手元にありますが、Lina/3PGFc氏の連絡先がわかりませんので譲るわけにはいきません。
当時のボーカロイドスレは、技術的な内容にあふれ、ユーザー同士がお互いに技術やテクニックを見せ合い、教え合いながら成長してゆくとても有意義なスレッドでした。
「2ちゃんねる」は,ほんと,99パーセントのカキコがくだらない」と仰いますが、
当時のボーカロイドスレは本当に素晴らしく、勉強にもなり楽しくもある場所でした。
ところが、しばらくして初音ミクが発売されたとたん、仰るとおり「99パーセントのカキコがくだらない」スレッドと化したため、昔からのボーカロイドスレ住人は離れて行きました。

当時のDTM技術者同士の交流の場だったスレッドにアップされたデータを、
DTMの経験も無いただのクレクレ君に差し出す意味がありませんし、
貴方が創作活動をされているわけでも無ければ、DTM技術の向上のために欲しい訳でも無いようですから、
(「ティンパニー」程度の楽器も知らないという事で、音楽制作に興味の無い、手を出したこともない方だと判断致しました)
Lina/3PGFc氏がこのブログエントリーを見ても気分を悪くするだけでしょう。

ご自分で耳コピーしてお作りになっては如何ですか?
「ボーカロイドに歌わせたい」だけでしたら、メロディーラインだけを拾うだけで十分でしょう。
その程度の簡単な努力もしないで恥ずかしいと思いませんか?

目に付いたため書かせて頂きました。
2011/08/18(木) 23:44 | URL | tottote #2B3L1McM[ 編集]
違うかもしれませんが。
こんばんは。

ニコニコ動画には「動画」だけがアップされていますね。

「似たもの」ということになりそうですが、midiを一個だけ見つけました。

【 タイトル 】 ファイナルファンタジー VI 「アリア」
【ファイル名】 FF6CD208.LZH
【 作 曲 】 植松伸夫
【データ作成】 曹丞相&曹子孝
【データ形式】 SMF & WRD & MAG
【制作ソフト】 Recomposer Ver.2.5 & Recomoser for Windows95 Release3
【 制作音源 】 Roland SC-88Pro
【 対応音源 】 Roland SC-88Pro
        VSC-88等ソフトウェアシンセサイザーには対応してません。

ファイナルファンタジー6「アリア ~ Aria Di Mezzo Carattere」
http://www7.big.or.jp/~sosan/midilib/ff6.html
 ここのページにあります。

ff6cd208.lzh
http://www7.big.or.jp/~sosan/linkcount/lime.cgi?down=http://www7.big.or.jp/~sosan/midi/ff6cd208.lzh&name=FF6「アリア」WithWRD

隣にあるMP3は既にリンク切れ。
2010/08/19(木) 23:12 | URL | firisofa #kNUhCMt2[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。