元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15歳の時,私が欲しかった教え(エホバの証人の教えに足りないもの)

私は,高校一年(15歳)の時に,級友のいわゆる「非公式」の証言によって
エホバの証人の教えに接し,集会に行くようになった。

もうずいぶん前の話だけれども,それが最初のキッカケだった。


私は,学校の休み時間に,その級友と,軽い「聖書研究」をし始めた。
受け取った本は,あの「青い本」だった。
(ギネスブックに載ってる,あの本である。)

私が一番知りたかったのは,
どうすれば神に祈りを聞いていただけますか」という章だった。


何十年も前の「その頃の自分」を思い出してみると,
そして,今,振り返って,「その時の自分に一番必要だったのは

 自分に自信を与えてくれる教え

だったように思う。

すなわち,「自分自身を信じることを徹底的に教えてくれる教えである。

また,自分自身をかけがえのない存在」であると教えてくれる教え,
そして,その自分を愛すること」を教えてくれる教えだ。


私は思うのだけれども,
エホバの証人の教えの中に一番足りないのは,この種の教えである。

かえって,当時の私がエホバの証人から教えてもらったことといえば,
簡単に言えば,次の三つである。

(1) 来るはずのない楽園の幻想(幻覚。これは「現実」から目をそらす)
(2) 宣べ伝える業
(3) そして,高校を卒業したら,正式な職業につくな!(「正社員」になるな)

である。


いずれも,

(1) 自分に自信を持つこと
(2) 自分自身を徹底的に信じること
(3) 自分をかけがえのない存在だと思うこと
(4) 自分を愛すること

そういう教えとは関係がない。


振り返ってみれば,私が15歳の時,
エホバの証人の宗教に最初に求めたものは,この種の教えだった。
しかし,残念ながら,その宗教の中に,この種の教えはない。

そのため,私は,ず~っと自分に自信のないまま青春時代を過ごし,
自分を愛することもできないまま,大人になってしまったように思う。

私は,なんか,「いつも泣いていた」ように思う。
私の青春時代(20代,30代)は,「」で終わった。
楽しかった思い出は,あまりない。
いつも,「死にたいって思っていたように思う。


今,振り返れば,あの時,ファンダメンタルのエホバの証人の教えではなく,
マーフィー博士(ニューソート)の教えに出会えていれば・・・。

そして,そういうことを教えてくれる大人がいれば・・・

 「君は自分を信じなければいけないよ
  自分の心の声に耳を傾けてごらん


って教えてくれる人である。

子供の頃,そして,青春の頃,
ずっと悩んでいる私に「本当に教えて欲しかったこと」は,
そういう教えだったように思う。

 自分を信じること
 自分の内なる声に耳を傾けること
 内なる神を信じること


このことを,今,40を過ぎて,自分自身に徹底的に教えてあげたい。

15歳のあの頃,傷つき,悩んでいた私が
ずっと求めて続けていたものを・・・。

そして,私には,そういうことを教えてくれる大人がいなかったから
私は,そういうことを教えてあげられる人になりたい。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
農業は重労働
きたひろさん>
コメント,ありがとうございます。

農業は,「重労働」なので,たいへんだと思います。
また,タイムカードを押すわけでもなく,
自分自らが,すべて律しなければなりません。

だから,疲れたから明日にしよう
って考えるのは,当たり前というか,
気持ちは,よく分かります。

「がんばる」ことも,「休む」ことも,
どちらも大切ですよね。


今度,「ラジオを聴きながら
コンバインを動かすのは,いかがでしょうか。

案外,ラジオは,疲れを忘れさせる効果があるかもしれません。
2009/08/04(火) 07:10 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
No title
possible さん 適切なアドバイスありがとうございます。

 今、ちょうど 麦刈りの時期なのです、天候が安定せず 今日は先程までコンバインを動かしておりました。

 疲れたから明日に、と、頭をよぎる事があります。

  実際に止めて、翌日雨が降り、「昨日もっと頑張っておけば」等と悔やむ事もありました。

 今は、一応、予定をクリアするまで精神力を切らす事の無い様、努力しています。

 自分の仕事の話で申し訳ありません 。

2009/08/04(火) 02:34 | URL | きたひろ #R.yfsfgE[ 編集]
難しい時に・・・
きたひろさん>
いつも,コメント,ありがとうございます。

自分には不可能は無い!」という点に関してなんですが,
現実には,そういうふうに信じることは簡単ではありません

実際には,今の自分には「できない」
というものも,たくさんあります。

すべての「専門知識」があるわけでもなく,
また,「一度もやったことがないこと」だってあります。
また,すべての「経験」を持ってるわけでもありません。

その時,何か「新しいことに挑戦」するとします。
すると,大抵は,「最初からうまくいくなんてことはなく
何度も失敗」したり,「挫折」を経験したりします。

問題は,その時に,自分を信じれるか,なんだと思います。

また,たとえ「(今の)自分にはできない」としても,

 「いつか
  きっと
  誰かの助けをかりて
  できる。
  
  だから
  決して
  不可能ではない。」

そう信じれるかどうかですよね。


マーフィー理論は,「現実逃避」の教えではなく,
厳しい現実」に向かっていく中で,
数々の「失敗」や「挫折」を経験しつつも,
「自分を信じて」挑戦し続ける
強さと力を与える教えなんだと私は思います。
2009/08/03(月) 20:39 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
お久しぶりです
 こんにちは possibleさん いつもタイムリーな記事、ありがとうございます。

 「自分を信じる事・内なる声に従う事」ですね。

 よし、負けないぞー・・・・。

 「自分には不可能は無い!」無限の知性に導かれているのだから・・・・・・。

 今後ともよろしくお願いします、きたひろ でした。


 

 
2009/08/02(日) 12:41 | URL | きたひろ #R.yfsfgE[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。