元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「理趣経」(りしゅきょう)の教え

大乗仏教の経典に,

 「理趣経」(りしゅきょう)

という名の教典がある。

正確には,「大楽金剛不空真実三摩耶経」(たいら・きんこう・ふこう・しんじ・さんまやけい」
または,「般若波羅蜜多理趣品」(はんにゃ・はらみた・りしゅぼん)と言う。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%86%E8%B6%A3%E7%B5%8C

これは,大乗仏教の中でも,とりわけ,
真言宗」(密教)が用いてる教典である。

興味深いことに,この教典は,他の教典とは違って,
「呉音」(ごおん)ではなく,「漢音」(かんおん)で読む。
「漢音」とは,英語で言えば,「カタカナ英語」みたいなものか。


さて,この教典は,なにゆえ「漢音」で読むのかという理由に,
わざと」漢音で読むことによって,経文を読みなれた人にさえも
聞いただけでは意味をつかめないようにしている」というのがあるという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E9%9F%B3

じゃあ,その,「わざと分からないようにしてる」教典の内容とは?

気になるのではないだろうか。
そこで,ここで紹介してみる。

このような内容が書かれてある。


妙適 淨句 是菩薩位(びょうてき せいせいく しほさい)
「男女交合(sex)の妙なる恍惚は,清浄なる菩薩の境地である。」

慾箭 淨句 是菩薩位(よくせん せいせいく しほさい)
「欲望が矢の飛ぶように速く激しく働くのも,清浄なる菩薩の境地である。」

淨句 是菩薩位(しょく せいせいく しほさい)
「男女の触れ合いも,清浄なる菩薩の境地である。」

愛縛 淨句 是菩薩位(あいはく せいせいく しほさい)
「異性を愛し,かたく抱き合うのも,清浄なる菩薩の境地である。」

一切自在主 淨句 是菩薩位(いっせいしさいしゅ せいせいく しほさい)
「男女が抱き合って満足し,すべてに自由,すべての主,
 天にも登るような心持ちになるのも,清浄なる菩薩の境地である。」

淨句 是菩薩位(けん せいせいく しほさい)
「欲心を持って異性を見ることも,清浄なる菩薩の境地である。」

適 淨句 是菩薩位(てきえっ せいせいく しほさい)
「男女交合(sex)して,悦なる快感を味わうことも,清浄なる菩薩の境地である。」

淨句 是菩薩位(あい せいせいく しほさい)
「男女の愛も,清浄なる菩薩の境地である。」

http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/risukyou.htm




一見して分かるが,仏教について何も知らない人が読めば,
たちまちに「誤解」してしまうような内容が書かれているのである。

興味深いことに,日本に真言宗を広めた弘法大師・空海は,
天台宗の開祖,最澄から,「理趣経」の解説本である「理趣釈経」を借してくれ
とお願いされた時に,それを断わった。
以後,二人の交流はなくなったことが知られている。

空海が最澄の申し出を「断わった理由」については明らかにされてはいないが,一般には,
この「理趣経」の内容が,間違って解釈されることを恐れたためとも言われている。
仏教の専門家(ある宗派の宗祖)でさえ,「誤解する危険性がある」ほどなのである。
http://www4.ocn.ne.jp/~yamamtso/newpage51.htm


しかし,この教典,実際に(漢音)を聞いてみると
荘厳」と申しましょうか,瞑想するにはふさわしいと感じます。
http://www.ichigenkuyou.jp/risyu.mp3
上記のアドレスを右クリックして,対象をファイルに保存でダウンロードできます。

http://www.ichigenkuyou.jp/risyu.htm


特に,この教典の中の

見 淨句 是菩薩位(けん せいせいく しほさい)
欲心を持って異性を見ることも清浄なる菩薩の境地である。」



と言ってる部分は,JWの教理によって,変に自分を傷つけ
自分を抑圧し痛めつけてきた私としては,「感動」さえ覚える。

はっきり言えば,私は,自分が現役のエホバの証人だった頃,
自分の罪悪感で,「自尊心」をまったく持てなかったのである。
(JWの教理では,マスターベーションでさえ「禁止」される。
 それどころか,「性欲」自体を否定的に見る。)


ところが,真言密教にとっては,それさえも,

 「大日如来」(神)が人間に与えたもうた
 「素晴らしい欲望の一つ

なのである。


どこまでも「自分を肯定」する宗教。

自分にどこまでも「素直」でいられ,
自分に誠実であれ」(自分にウソはつくな)と教えてくれる宗教。

自分の「ありのまま」を素直に認めて,それを「否定しない」宗教。

それは,「本来,素晴らしいものだ」(自然なのだ)と教えてくれる宗教。

それは,その内容を「誤解」したり,「極端」になったりしなければ,
本当に素晴らしいことを教えてくれてる教典であり,宗教なのだと私は思う。


あなたも,自分を責めるのはもうやめて
自分の素晴らしいところに,目を向けてみないか?

そして,自分の「気持ち」や「感情」(心の声に素直に耳を傾けて
あなたの「」が欲しいと思うもの(願い)があるのなら,
正直に,そして大胆に,「それが欲しい」と,言ってみないか。
http://godpresencewithin.blog86.fc2.com/blog-entry-25.html

それは,あなたの心があなたに対して,
「それが必要だ!」と言ってるものなのである。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
なるほど
firisofaさん>
コメント,ありがとうございます。

まあ,日本の寺は,(まん字)で表わしたりしますから,
遠くは,「タンムズ」と関係ないとは言えないかもしれませんよね。
それ以前に,その模様は,「景教」があやしいですけども。

「性崇拝」というのは,おそらく,
「陰陽」についても言及なさってますので,
いわゆる異端の「立川流」のことを指してるのでしょうが,
この宗派は,すでに遠い昔に滅びてますので,
現在では,よく分かってないというのが実情ですけどね。
資料がまったく残ってないので,
悪い印象だけ残るようにされたのかもしれませんし。

ただ,真言宗の教え自体が肯定の宗教ですので,
「性」に対しても,他の宗派よりは「おおらか」である
のは,事実かもしれませんね。
それ自体を否定的に見ることはないからですね。

それに,昔は,「」とか,「女郎」とか,
そういうのも,いっぱいいたのかもしれません。

老舗のお店だったり,あるいは,お城(殿様)なんかだったら,
あとつぎ」(特に,男の子)というのは大事な問題だったでしょうし,
病気や戦争で死ぬ子も多かったから,多くの子孫を残したでしょうし。

聖書でさえ,私たちが思ってる以上に,
読んでみれば,性に対して「おおらか」だと思いますよ。

「一夫多妻」にしても,そうだし,
サムソンが「遊女」の家に入っただとか,平気で書いてあるし。
ソロモンなんて,「1000人の妻」がいたのです。
どんだけタフなんだって思います。

聖書を真剣に最初から最後まで読めば,
真言宗を「性崇拝」として笑うことはできないでしょう。
2010/03/16(火) 00:18 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
密教の教えって、こうだったんですね。
密教と言えば、陰と陽の中国の模様を思い浮かべてしまいます。

これって「タンムズ神」を崇拝する宗教が元になっている「性崇拝」だと思ってました。

外れてはいないにしろ、解釈には知識が必要だと思いました。

ずっと前ですが、伝道で「密教をやっています。」という女性にあったことがある。
「おぉ。性崇拝の信者か!」と思った。

教典は読んだことがなかったので、参考になりました。
2010/03/15(月) 00:12 | URL | firisofa #kNUhCMt2[ 編集]
不思議な現象
koroさん>
コメント,ありがとうございます。

私は手放しで,いわゆる「キリスト教」や他の宗教を
褒め称えはしませんけども,JWのような「魅力のない宗教」が,
よくもまあ,宗教の名をかたり,
なぜ現代でも生き残っているのか,私は不思議でなりません。

きっと,三位一体の攻撃だとか,楽園の希望だとかで,
うまく,ごまかして,「魅力的っぽく見せてる」のだろうと思います。


さて,「神の子供ではない」と公然と教えることによって
人々(成員)からその「自尊心を奪ってるというのは,
koroさんは,もう「本質を見ぬいてる」のだと私は思います。
つまり,JWの教えの「本当の問題点」を,です。

それが分かっちゃうと,「1914年」とか「世代」の問題だとかってのは,
小さな問題にすぎないのだと分かります。

彼らの宗教の本当の問題点は,
人々から「自尊心を奪ってる」という点なのです。

だから,彼らが時々出す「うつ病」に関する記事は,
自分たちの問題点がまったく分かってない人間が書くから,
よけい,たちがわるいのです。

おまけに,常に「監視」されてる感覚,
常に,「これは大丈夫かどうかを恐れる」感覚,
いつ「排斥」なり,「特権がうばわれる」か分からない感覚,
「自分が本当にハルマゲドンを生き残れるか分からない」感覚。

そういう恐れを,このJWという宗教は常に抱かせるんですよ。
おまけに,楽園に行ってからも,最後まで気は抜けないという。(笑)

人から「自尊心」を巧妙に奪い,
自分で自分の人生をきりひらいていく喜びを奪い,
人の「可能性」や「才能」を押しつぶす宗教。
それが,JWという宗教です。

ほんと,罪深い宗教だと私は思います。
2010/03/14(日) 21:24 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
神の子供ではないと考える宗教
 possibleさん、コメントに感謝します。

 JWが自尊心を保てないのも当然のことなのです。その教えが悪いからです。

 塔10 1/15 p5の11節に、こんな文がありました。

 11 私達は誰も、実の父親から本来の命ー完全な命ーを受け継いでいません。(テモテ第一6:19) 人間は最初の夫婦が罪を犯したときに、愛ある父親であり創造者であられる方から隔たられたゆえに、生まれつき神の子供ではありません。(申命記32:5と比較)それ以来、人類の世は、エホバの宇宙的家族の中にはおらず、神から疎外された状態で存在してきました。

 脚注 イエスの「他の羊」は、千年の終わりまで神の子供とはなれません。

 協会は、アダムとエバの罪のせいで人類は神の子供ではないと言うのです。しかし、そのためにキリストが贖いとなって全人類の罪を消し去られたと言う考えはどうなるのでしょうか?そしてこれほど聖句を曲解して考えていいものでしょうか。

 創世記1:27に「人は神の像に作られた」とあるので、全人類は神の子供ではないのでしょうか?

 キリスト教世界では、恐らく創世記1:27を使って、全人類は神の子供だと教えているはずです。また他の宗教でも同じ事を言われました。私達が神の子供でなく、神の子供になるまで気の遠くなるまで待たなければいけないなんて、JWが自尊心を保てない人が多いのも当然といえましょう。

 
2010/03/14(日) 10:22 | URL | koro #-[ 編集]
人を高める宗教
koroさん>
てなもんやさん>
コメント,ありがとうございます。

「理趣経」について説明してる記事で,
「現役JW」のお二人が,まずコメントしてくださる
というのも,おもしろいな~と思います。


さて,宗教とは,本来,人を「救う」ものです。
ですから,傷ついた人々に「自信」と「自尊心」を与え,
「あなたは素晴らしい」と教えてくるものであるべきです。

そして,いろんな辛いことがあっても,
「よし,これからも,がんばって生きてゆこう」
っていう励ましと勇気を与えてくれるものであるべきです。


人の可能性(才能)をつぶし,自信を失わせ,
自分が持ってる良い部分を発揮できないようにし,
「自分は本当にダメな人間だ」なんて思わせるような宗教は,
本当の宗教じゃないって私は思ってます。
この点で言えば,JWなど,「最低の部類」に入るものです。

しかし,そのようなJWの組織にあっても,
もし,koroさんや,てなもんやさんのような仲間がいれば,
きっと,自尊心を高めてくれるだろうと私は思います。
2010/03/12(金) 20:31 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
これでいいのだ!
ポッシブルちゃん コロちゃん こんにちわ
久しぶりの書き込みとなります
年末から年始にかけて いろいろ雑事があり
のぞけてませんでした

いやー 相変わらず 
ポッシブルちゃんのサイトのレベルの高さに
感心します

「理趣経」(りしゅきょう)の教え
を読んで 
ずーと ポッシブルちゃんの言っていることが
一貫していて
非常に気持ちがいいです

これからも 楽しみに読ませていただきます
これでいいのだ!!
2010/03/12(金) 11:10 | URL | てなもんや #ARmFqgzw[ 編集]
possibleさん、こんにちわ。

 このブログをみて、以前、伝道7:21,22をpossibleさんと話し合ったことを思い出しました。

 引用してみました。

 






 possibleさん、こんばんわ。

 私の割り当てを作る作業に、為になる意見を下さったことに感謝いたします。

 今日、割り当てを無事に終えることができました。

 再考した結果、こんな話になりました。

 「伝道7:21,22は、どうして実際的な助言ですか」の最終原稿 wrote:

 私達が一段と素晴らしい人生を生きるために、どうしても欠かせないことがあります。それは,自分には価値があると感じることです。

 しかし、現実はどうでしょうか?

 あなたは他の人から、これができていない。あれをするべきなのにやっていない、と言うような咎め立ての言葉を言われたことはありませんか?

 そして、その言葉がいつまでも脳裏に焼きついて、心の傷として残っていたりすることはなかったでしょうか?

 そもそも私達が、そのような励みにはならない言葉を気にする必要があるのでしょうか?

 伝道7:21,22は、こんな実際的なアドバイスを私たちに与えてくれています。伝道7:21,22を開いてください。


      (伝道7:21,22を読む)


 ここの聖句に「災いを呼び求めている」と、強い表現で書かれた言葉がありますが、これは、どういう意味なのでしょうか?

 私たちの聖書では「災いを呼び求めている」、他の翻訳の聖書では「呪っている」と訳されているヘブライ語の原型の言葉は、カーラルです。

 「洞察」の本にも書かれていますが、カーラルは、「他人を軽蔑した言葉を述べる」「他人の尊厳を傷つける言葉を述べる」という意味があります。

 人は誰もが不完全であるため、悪意がなくても口が滑り、友人や知人に、当の友人にとっては言って欲しくないことを他の人々に語ることがあります。

 でも、私たち自身も、同じような失敗をしていることはないでしょうか?

 それで私達は、人の励みにならない言葉を必要以上に取り入れ、気にし過ぎることは賢明な事ではありません。

 
 そして、この伝道7:21,22には、もうひとつ大切な教訓が含まれているのかもしれません。

 もう一度21節に注目してください。賢人ソロモンは、「人々が話すかもしれないすべての言葉に心を向けることがないように」と、忠告しました。

 「人々が話すすべての言葉」ではなくて、「人々が話すかもしれないすべての言葉」だと言うことに注目してください。

 つまりソロモンは、他の人が自分のことをどんな風に思っているのかを気にし過ぎることがないようにと、忠告したのです。

 それはなぜでしょうか? 「あなたの僕があなたの上に災いを呼び求めているのを、あなたが聞かないためにです。」

 ここに「あなたの僕」とありますが、あなたは、あなたの一番身近にいる「あなたの僕」は、誰のことだと思われますか?

 あなたの身近にいる僕とは、もしかするとあなた自身の中にいるかもしれない。私自身の心、つまり自分の良心の事を述べているのかも知れないと考える人もいます。

 例えば、こんな風に「自分の僕が自分の上に災いを呼び求める」事を許す、つまり良心の呵責を感じる事を許すクリスチャンがいるかもしれません。

 「ああ、今月もまた野外奉仕に1時間も出れなかったよ。自分はなんてダメなんだろう。私は神の是認は絶対得られない。」

 などと、いつも消極的なことばかりをくよくよと考えるならどうでしょうか?

 今読んだ少し前の節の同じ伝道7:16にありますが、「義に過ぎるものとなってはならない。どうして自分の身に荒廃をもたらしてよいであろうか。」と、書かれています。
 
 私達は、伝道7:21にあるように、自分の声を含めて非難の声を聞き続けるのを、やめにしませんか?

 むしろ、こんな風に自分に言い聞かせるのはいかがでしょうか。

 「キリストが、私のためにも、死んで贖いとなってくださったのだ。私はその贖いに信仰を働かせよう。その時、私の罪も許される。

  だからもう自分を責め続けるのはやめよう。」

 こういったポジティブな言葉を、自分に投げかけていきましょう。

 そして素直に自分には価値があると考えましょう。また、他の人々を励ます言葉も頻繁に述べていきましょう。私たち一人一人は、神の像に造られた貴重な存在なのですから。



私は第2会場の少数の方に話したのですが、ある姉妹に、「伝道7:21,22はそんな意味があったんですか。興味深かったです」と言われました。


私は、聖書はこんなに自尊心を高めるのに役立つ聖句がたくさんあるのに、奴隷級はJWにそのことを教えていないと思いました。そこがJWの一番、悪いところでしょう。
2010/03/12(金) 10:11 | URL | koro #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。