元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の宗教(異教)の影響下にある「聖書」

エホバの証人にとっては,
聖書」というのは,霊感を受けた「神の言葉」であり,
他の諸宗教の「聖典」などとは,明確に,一線を画している。

だから,「聖書を使って」他の宗教を攻撃するし,
異教」に起源があるとして,様々な「祝日」や「祝い」を祝わない。


しかし,いったん,カルト的な思考を抜け出て,
純粋に「聖書」そのものを見る時,
そこには,「他の民族の宗教や文化から
多大な影響を受けてるものがあることが見えてくる。


1
例えば,あなたは,「ハンムラビ法典」って聞いたことがあるだろうか。
そこには,「目には目を,歯には歯を」と書かれている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%83%93%E6%B3%95%E5%85%B8

聖書を読んだことがある人なら,一目瞭然だが,
これは,「聖書の言葉」である。
しかし,その言葉が,なぜ「ハンムラビ法典」に書いてあるのか。

「ハンムラビ法典」が,「聖書」の言葉を拝借したのか,
それとも,「聖書ハンムラビ法典の言葉を拝借したのか

答えは,明らかであるとは思うが,
あえてそれに言及はせず,あなたの判断にまかせる。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/8769/kagaku/babiron.htm


2
また,聖書に起源がある教えとして,
預言者」,「救済者(メシア)の思想」,
終末論」,「天国」と「地獄」,「最後の審判
といったものがあるかもしれない。

しかし,これも,実は,ペルシャの宗教「ゾロアスター教の影響である
と言われている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BE%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%95%99#.E4.BB.96.E5.AE.97.E6.95.99.E3.81.B8.E3.81.AE.E5.BD.B1.E9.9F.BF


また,ゾロアスター教は,「」を尊ぶため,
別名,「拝火教」(はいかきょう)とも呼ばれるが,
聖書の中でも,「」は,動物の犠牲にしろ,
イスラエルを導く「火の柱」にしろ,
ソドムとゴモラの滅びにしろ,
バアル神の信者を滅ぼすにしろ,重要な役割を果たしている。

(ちなみに,関係ない話だが,その神「アフラ・マズダー」から,
 日本の自動車メーカー「マツダ」という名前が付けられている。
 
 また,大乗仏教においては,「阿修羅」(あしゅら)も,
 たぶん,その神のことである。
 また,弥勒の信仰も,その影響を受けているのかもしれない。
 また,特に,「真言宗」で護摩を焚くことも,拝火教の影響だろう。)


3
また,聖書では,「」のことをヘブライ語で「エール」と言うが,
これは,「ウガリット神話に出てくる神々の一つなのである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E3.82.A6.E3.82.AC.E3.83.AA.E3.83.83.E3.83.88.E7.A5.9E.E8.A9.B1.E3.81.AE.E7.A5.9E.E3.80.85


4
他にも,たとえば,古代ヒンズー教バラモン教)の創造神は
ブラフマー」(Brahmaa)と言うが,それが,聖書の創世記に出てくる
アブラハム」(Abraham)と,名前が非常によく似てること。

興味深いことに,ブラフマーの「妻」の名は,
サラスバティー」という。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%BC

そして,ご存じ,アブラハムの「妻」の名は,
サラ」と言った。

これなども,どちらかがどちらかをパクった」のか,
あるいは,何らかの「共通の源」があったか,
あるいは,「影響」を受けたものであろう。


5
また,インドの聖典に「バガヴァッド・ギーター」という書物があるが,
それに登場する神の化身クリシュナ」と,
神の御子「キリスト」の類似点も,
決して,偶然ではないのかもしれない。
http://blog.sitarama.jp/?eid=450698

そこに書いてあることは,「聖書」の記述と非常に似ている
しかも,どちらも「神の言葉」と言われている。
これなども,どちらかがどちらかに影響を及ぼしたとも考えられる。
ちなみに,「新約聖書」よりも,「バガヴァッド・ギーターのほうが古い


以上,考慮した事柄は,ほんの「一部分」である。

他にも,「ギルガメシュ叙事詩」からの,「洪水」や「箱船」の話の「パクリ」だとか,
http://takasi.at.webry.info/200801/article_22.html
http://www.geocities.jp/todo_1091/bible/jesus/old-testament3.htm
旧約聖書の中に,古代インドの言葉である「サンスクリット語」が混じってるとか,
そういう話をすれば,きっと,きりがないだろう。
あなたは,もしかしたら,そういう類の話を,「もっと知ってる」かもしれない。
(知ってたら,ぜひ,教えてください。)


こういう話は,「聖書こそ 宗教の正邪をはかるための基準
などと考えてる人にとっては,有り難くないかもしれない

しかし,実際には,「聖書」とて,
他の宗教や文化から,多大な影響を受けているのである。

そういうことを知るだけでも,ある人にとっては,
マインド・コントロールを解く」ための助けとなるかもしれない。


私は,聖書の「価値」を否定してるのではない。
「聖書」はもちろん,文化的には,ものすごい「価値がある」書物である。
その書物が「人類に与えた影響」も,はんぱない。
そこには,ユダヤ人の並外れた「知恵」が含まれており,感動する言葉も多々ある。
それは,私たちが,これからも保護してゆくべき,人類の貴重な知的財産」の一つである。

しかし,「聖書は絶対」(キリスト教は他の宗教よりも優れてる)
などという幻想からは,離れるべきである。

そう私は思う。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
その思想は,難しいですよ
koroさん>

スエデンボルグの本は,私も,5,6冊持ってますが,
はっきり言って,書いてあることは「難しい」ですよ。

彼の思想は,簡単には理解できませんし,
ある意味,「いっちゃってる」(尋常ではない)ので,
理解不能の部分も多々あります。

ただ,その思想に「魅力的な部分」もあることは確かで,
上記の部分(神は愛だから,戦争しろと言ってない)は,
その一部分です。

彼によれば,人は死後も,現在と同じように,
仕事を続けていくことができるそうです。
つまり,簡単に言うと,「志半ば(こころざしなかば)で」
この世を去ったとしても,大丈夫だよ,ということです。

そして,霊の世界でも,「結婚」があり,
この世で素晴らしい人にめぐりあえないとしても,
そういう人は,その霊の世界で,素晴らしい人にめぐりあえて,
そして,「結婚」もできると教えます。

こういう教えを聞くと,安心できるというのが,確かにあります。

スエデンボルグの思想を受け入れていた人に,
あの三重苦で有名な,「ヘレン・ケラー」がいます。

(「私の宗教」という題で,彼女は本を出してます。
 私は,その本を持ってます。
 その本は,現在では,
 「光の中へ」という題で再発行されています。
 機会があったら,読んでみてください。

 ヘレン・ケラーはその著書の中で,
 「天界は彼岸にあるのではなく
 私たちの心の内にある
 という,深い言葉を残しています。
 (ヘレン・ケラー著「光の中へ」 142ページ。))

たぶん,目も見えない,耳も聞こえない彼女にとっては,
スエデンボルグの思想は,「慰め」だったと私は思います。

それは,おそらく,既成のキリスト教会の教えからは
決して得られない,心の平安なのだろうと思います。

若き日のヘレン・ケラーの写真:
http://blg.sensyu-grp.com/06_sci/diary.cgi?mode=image&upfile=74-2.jpg


なお,うちのサイトに,「私はラケルよりレアが好き
という記事がありますが,その中で私は
こう述べていました。

スウェーデンボルグという人も,
 その著「天界の秘儀」の中で,美しさについて
 こんな興味深い言葉を残している。

 「霊的な「美」とは,
  本質的には内的な真理への情愛です。
  また霊的な「外観」とは,本質的には信仰です。
  そのため,「外観が美しいとは
  信仰の真理に対する情愛を意味しています。」

 この点で言えば,レアは,
 「外観が美しい」人であったろうと私は思う。)」

http://godpresencewithin.web.fc2.com/pages/hitorigoto/leah.html
2010/04/02(金) 22:54 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
スエデンボルグについて
 possibleさん、こんばんわ。興味深い返信に感謝します。

 スエデンボルグについて、ウィキペディアで見てみました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AA

 18世紀後半の頭の良い方だったのに、一般のファンダメンタルの教会には彼の聖書解釈は理解されなかったんですね。日本の神道系の信者にも彼の思想は影響を与えたとはすごいですね。
2010/04/02(金) 20:35 | URL | koro #-[ 編集]
神は「愛」なり
koroさん>
興味深い話を聞かせてくださり,ありがとうございます。

そのサムエル第一15章の聖句は,
特に,3節を見ると,もう,どうしようもないと思います。
http://www.watchtower.org/j/bible/1sa/chapter_015.htm#bk3

これはですね,昔,koroさんと話し合ったことがあるかも
しれませんが,「ファンダメンタリストの限界」なのです。

もし,その「文字どおりの解釈」で行くと,この部分は
オウム真理教が起こした事件どう違うというのでしょうか
むしろ,オウムどころの話じゃないです。


聖書には「象徴的・比喩的な意味」がある
とは,私がいままで何度も述べてきた点ですが,
これを,おもに教え始めたのは,「スエデンボルグ」という人
であると言われています。

彼と教えによると,「神は愛」であるから,
神は今までに,戦争をしろと人間に命じたことは
「一度もない」のだそうです。

スエデンボルグの教えを信じてる人のサイトには,こう書かれています。

「現代の多くのキリスト教は、聖書にある「聖戦」の記述、
 人殺しを命じる神について、どのような解釈を持っているでしょうか。
 神なら、人殺しも許されるのでしょうか。
 では神に命じられたという人間には。

 スウェーデンボルグは、
 「戦争は神のみこころではなく、人間が起こすもの
 とはっきり述べています。
 旧約聖書に出てくるいくつかの「聖戦」の記述も、
 スウェーデンボルグの聖書解釈では、
 シンボリズムなのであって、
 愛なる神が人殺しを命じたことは
 過去も現在も決してないのです
 私にはこの教えが非常にしっくりきます。」

http://swedenborgian.hp.infoseek.co.jp/swedvol2.htm#001


たぶん,koroさんも,上記の人の説明に,
納得されるのではないかと思います。

私も,サムエル第一15:3の聖句を理解するためには,
こういう解釈法(シンボリズム)しか,残されてないと思います。
スエデンボルグとは,説明が違うかもしれませんが・・・。
http://bb2.atbb.jp/strongwings/viewtopic.php?t=50&highlight=%90%ED%91%88+%8F%DB%92%A5
http://godpresencewithin.blog86.fc2.com/blog-entry-3.html


私は違う箇所で,あの「オウム真理教」から脱退した
上祐氏ひきいる新団体では,仏典を「象徴的に」解釈し,
まともに」なってきたと言ってるのは,
それと同じことだと私は思います。

聖典(聖書以外の書物も含む)の「象徴的な読み方」は,
恐らく,カルト的な思考から脱出するためのカギです。
2010/04/02(金) 19:55 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
 今週の聖書朗読(サムエル第一14,15章)
possibleさん、こんにちわ。いろいろ、詳しく教えてくださり感謝いたします。

 実はJWの週の聖書朗読では、サムエル第一14章、15章でしたので、読んでいるとき、即席の石の祭壇を作り、エホバに許しを祈ったのだと考えて、そんな注解をしてしまいました。(笑)

 今の話とは関係はないですが、驚いたのは、私の会衆の姉妹達でした。15:19の『貪欲さ」の言葉を引き合いに出し、「エホバに不従順や貪欲さを示すことは良くないと思いました」と、注解しておられました。

 15:3の「女も子供も乳飲み子もアマレク人は、全部ぶっ殺せ」という残酷なサムエルがエホバから託された命令なんですけど。

 そのことをよく知ってて、あんなおそろしい注解をしておられるのでしょうか?(笑) 情けをかけたサウル王が憐れみ深い天使にさえ感じられます。(笑)

 確かに協会の資料には、従順の大切さが書かれているのかもしれません。でも、残酷な戦争の命令と私たちに対する命令とは、そぐわない(分けて考える必要がある)と思います。
2010/04/02(金) 16:20 | URL | koro #-[ 編集]
「岩」とは,「エホバ」という意味
koroさん>
こんばんは。

ご指摘の「サムエル第一 14:33,35」を確認してみました。

個人的に読んでみた限りでは,
「石の祭壇」のことは,書かれていないように見えます。

33節で言ってる「大きな石」は,
いわゆる,今で言うところの「まな板」みたいなもので,
その上で,たぶん,動物を切ったのだと思います。

35節の「祭壇」は,確かに,そこらへんにあった「石」とかで
臨時に造ったのかもしれませんが,
その「石」が,いわゆる「ご神体」ではないと思います。

もし,「夫婦岩」のような自然の「石」や「岩」が
「ご神体」とかって言いたいのなら,そのサムエル第一の聖句
よりも,もっと,ふさわしいものがあると思います。
たとえば,こんな聖句があります。

申命記 27:5‐6
「あなたはまた,そこにあなたの神エホバへの祭壇,
 石の祭壇を築かねばならない。
 その上に鉄の道具を振るってはならない
 自然のままの石であなたの神エホバの祭壇を築くべきであり,
 あなたの神エホバへの焼燔の捧げ物をその上にささげるように。」

ヨシュア記 8:31」にも,同様の記述があります。

なお,エホバが「」と言われてる聖句は,
詩編とかに,たくさんあって,ここでは引用しきれません。


この「」という日本語の語源に関して,
ヘブライ語学者の川守田英二博士が,その著書の中で,
古代日本の様子を含めて,こう述べています。

「先住民は「エホバとは如何なる神ぞや」と質問した時,
 天孫民族は巌(岩)にシメ縄を張り,極めて実際的に
 「これを見よ」と示したに相違ない。・・・
 それで巌()はそのまま IHイハ」 または
 IHWイハホ」 というエホバの御神名を負うに至ったものである。」

(川守田英二著「日本ヘブル詩歌の研究(下巻)」 60ページ。)


つまり,簡単に言うと,日本語の」(いわ,いわお)
という単語の語源はエホバ(YHWH)の御名から
とったものではないのか,というわけです。

そして,やがて,後代の人は,
その「岩」そのものを,神のご神体とあがめ,
「それが象徴的に表わしていた方」を忘れたのでしょう。
申命記32:15,17,18


P.S.
後半部分は,完全に「聖書の雑学」であり,
興味深い話題」として提供してるものであって,
立証された事実として述べてるわけでは
ありませんから,退けていただいてもかまいません。
2010/04/01(木) 21:26 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
聖句の間違え
すいません。聖句の間違えでした。

 サムエル第一14:33,35でした。
2010/03/31(水) 23:47 | URL | koro #-[ 編集]
どこの聖句でしょうか
koroさん>
コメント,ありがとうございます。

ただ,「サムエル第一11:33,35」なる聖句を探しましたが,
どこの聖句だか分かりません。
正確に記述していただければ,嬉しく思います。
その後,川守田博士の著書から引用してコメントいたします。

なお,私の記事を見ていただければ分かりますが,
どれもこれも,「地理的につながってるところの宗教」との関連性
を述べてるのであり,それは主に「中東」付近の話です。

日本とユダヤでは,「地理的に離れて」おり,
その両者の間で「似ている」ものがあると言うためには,
説明に理由が必要です。
http://godpresencewithin.web.fc2.com/pages/zatsugaku/firstchristian.html
2010/03/31(水) 22:41 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
石の祭壇は、どうなのでしょうか?
 possibleさん、こんばんわ。

 興味深い情報に感謝します。貼り付けてくださったブログも面白いものでした。

 ところで、サムエル第一11:33,35に出てくる、エホバ神に許しを請う大きな石の祭壇は、どうなのでしょうか?

 ご存知かもしれませんが、神道では山、川、大きな石を御神体として崇拝しています。

 例えば、三重県伊勢市二見町の夫婦岩なんて、有名ですよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AB%E5%A9%A6%E5%B2%A9

 この岩(石)は、聖書のこの記述が、広まったものなのでしょうか?それとも、逆なのでしょうか?
2010/03/31(水) 22:22 | URL | koro #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。