元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE SECRET TO RICHES (「富の秘訣」)




この動画に関しては,すでに「こなれた日本語訳」がなされているが,
私の翻訳も載せてみる。

英語(原文)には,カタカナでその「発音」も示したので,
機会があれば,原文でその力強さを感じてほしい。

------------------------------------------------


THE SECRET TO RICHES
ザ・シークリット・トゥ・リッチーズ
富の秘訣




I am a money magnet!
アイ・アム・ア・マニー・マグニット
私は,お金を引き寄せる磁石である!

Everything I touch turns to gold
エヴリシング・アイ・タッチ・ターンズ・トゥ・ゴウルド
私が触れるものは,ことごとく黄金(お金)に変わる

I have more riches than King Solomon's mines
アイ・ハヴ・モア・リッチーズ・ザン・キング・サラマンズ・マインズ
ソロモン王の財宝よりも,私は多くの富を持っている

Money falls like an avalanche over me
マニー・フォールズ・ライク・アン・アヴァランチ・オウヴァ・ミー
私の上にお金がなだれのように落ちてくる

There is more money being printed for me right now!
ゼア・イズ・モア・マニー・ビーイング・プリンティド・フォー・ミー・ライト・ナウ
今まさに,私のために印刷されているお金がさらにある!

I am receiving money making ideas every day
アイ・アム・リシーヴィング・マニー・メイキング・アイディアズ・エヴリ・デイ
お金を生み出すアイデアを,私は毎日受け取っている

I am receiving unexpected checks in the mail
アイ・アム・リシーヴィング・アニクスペクティド・チェクス・イン・ザ・メイル
郵便受けには思いもよらない小切手が届き,私はそれを受け取る
原文では「現在進行形」なので,イメージしづらい時は,「受け取りつつある」という言い方が良い)

I have more than enough money for everything I want
アイ・ハヴ・モア・ザン・イナフ・マニー・フォー・エヴリシング・アイ・ワント
私の望むすべてもののための十分なお金以上に,私はもっとお金を持っている

I have my dream home
アイ・ハヴ・マイ・ドリーム・ホウム
私は,理想の家に住み,

I have the best of everything
アイ・ハヴ・ザ・ベスト・アヴ・エヴリシング
すべてのものの中でも最高のものを所有し,

I am grateful and celebrate every day
アイ・アム・グレイトフル・アンド・セレブレイト・エヴリデイ
毎日感謝し,祝っている

I know when I ask for what I want
アイ・ノウ・ウェン・アイ・アスク・フォー・ワット・アイ・ワント
私は[次のことを]知っている私が望む時,

No matter what it is that I want
ノー・マター・ワット・イト・イズ・ザット・アイ・ワント
それがどのような望みであっても

No matter how impossible it may seem
ノー・マター・ハウ・イムパスィブル・イト・メイ・スィーム
それがどれほど不可能に思えても

If I believe and know it is mine
イフ・アイ・ビリーヴ・アンド・ノウ・イト・イズ・マイン
それは私のものである(私のものになる)と信じるなら

The answer must be...
ジ・アンサー・マスト・ビー・・・
その答えは,(こうなる)」

“YOUR WISH IS MY COMMAND!”
ユア・ウィッシュ・イズ・マイ・カマンド
「あなたの望みは,私の[実行すべき]命令である!」
これは,「アラジンと魔法のランプ」の中の有名なセリフで,
 「あなたのお望みのとおりに。ご主人様!」という意味である。)


-------------------------------------------------------








関連記事
スポンサーサイト
コメント
富をつくる能力
「レムナント」誌の記事にリンクを張っておきます。
興味深いので,見てみてください。

http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/078tomio.htm
2010/08/11(水) 07:07 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
過度の引用は,いらない
koroさん>
こんばんは。

> こんな事は小さい子供でもわかる理屈で、お金は多ければ多いほど、豊
> かな生活ができるし、王国会館だって快適にもできるんです。だから、JW
> の神であるエホバに「富を多く与えてください」と言う祈りは、ふさわしい祈り
> なんです。

おっしゃるとおりですね。

しかし,私は知っております。
これほど頭で,お金を求めるのが「ふさわしい」と思っていても,
私の中でもまだ,「お金を手に入れる」ということ対して,
ネガティブな概念が根強く生き残っているということを。

つまり,なんとなく,そのことに「うしろめたさ」なり,
罪深い」意識を感じてしまう,ということです。

だからこそ,そのネガティブ・メッセージの恐ろしさを知っており
人々に「警告」を発してるのだと思います。
それは「役立たない」し,「読むべきではない」と。
だからこそ,「引用」そのものに「不快感」を示したのです。

たぶん,「引用が長すぎる」という点もあるのだろうと思います。
その引用の長さは,実質,koroさん自身の言葉よりも長いです。
そこまでして読む(読ませる)必要があるのか,と私は思ってます。

この記事自体は,そうしたネガティブ・メッセージを植え込まれ
お金をかせぐということに対して否定的」になってる人たちを
特に念頭に置いて書きました。

それ(お金に対するネガティブなイメージ)を「頭の中から排除」するために
設置してる記事に,“過度の”ネガティブ・メッセージはいらないと思います。

その種の話題は,たぶん,この「ブログ」よりも,
「みんなの掲示板」のほうが,ふさわしいです。

2010/08/09(月) 23:44 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
引用は奴隷級の愚かさを示すため
possibleさん、こんばんわ。コメントに感謝します。

 こんな事は小さい子供でもわかる理屈で、お金は多ければ多いほど、豊かな生活ができるし、王国会館だって快適にもできるんです。だから、JWの神であるエホバに「富を多く与えてください」と言う祈りは、ふさわしい祈りなんです。

 私は、歴史を通じてJWの奴隷級は他の宗教を批判し、けなすことで信者を増やしてきたネガティブな宗教なのだろうと思う。しかし、最近のネット社会になり、奴隷級の愚かさと、化けの皮がはがれてきていると思います。

 私が、奴隷級の書かれた文章を引用する目的は、彼らの愚かさを世間に示すためです。

 神に富を求める祈りが、繁栄の神学で、もうすぐ来る「終わりの日」ハルマゲドンから、人々の注意をそらすからいけないと言っても、まともな人間ならこんなカルト教団の思想を受け入れないと思います。
2010/08/09(月) 22:51 | URL | koro #-[ 編集]
さあ?
koroさん>
コメント,ありがとうございます。

> 彼らは「繁栄の神学」というこの世の教えと言うのです。どうしてなんでしょう?

さあ? どうしてなんでしょう。
私には,よく分かりませんけども。

しかし,そのわりには,会衆では,しょっちゅう
「決議」というのをとって,「協会に寄付を送る」ことを
協会は,成員に要求(強要)してるように思えますけども。

「これに反対する人はいますか?」って,長老が演壇から訊く時,
私は,いつも,自分ひとり,手を上げようかと思ってましたけども。(笑)
どうして,それに「拒否(反対)はできない」のでしょうか。

また,「群れ」なんかでも,しょっちゅう,何かあるごとに
「割り当て」として,「いくら」とかっていうのが回ってきましたけども。
(たとえば,巡回監督の「食事代」だとか)

お金は,エホバの証人にとっても「必要なもの」であり,
それを否定する意味が分からないです。

うちの会衆なんか,「王国会館」建てたから,
その「返済」だとか,「壁の塗り替え」だとか,
そんなんで,「多額の寄付が必要でしたよ。
こういう場合だって,お金がないよりは,「あるほうがいいに決まってます


なお,私は,最初のコメントで,このように述べていました。

「もし,誰かがJWの組織の中にとどまるとしても,できれば,
 協会が「お金」についてコメントすることがあったら,
 「それを読まない」「退ける」という態度を,私はお勧めしたいと思います。 」

私がそのように述べてるにもかかわらず,
koroさんが協会の出版物から「何度も引用」し,
そうして,人に「読ませようとする」のは,
間違ってる」,と個人的には感じます。

たぶん,そのようなことを繰り返してると,
せっかく,こちらで「ポジティブな動画」を見せているのに,
そのポジティブな考えが,潜在意識において「打ち消され」,
無意味になってしまう(元も子もない)ように,私は感じます。

私は,できれば,お金に関する協会のネガティブな言葉を
ここでは,「引用しない」ようにお勧めしたいと思います。
それは,このコメント欄を読む,他の人たちの「益」のためでもあります。


もうすでに,協会はお金に対しては
「ネガティブな考え」しか持ってない,と分かりきってますので,
その文章を引用し,それについて云々(うんぬん)したところで,
無意味ではないでしょうか?

それは,「ネガティブな考え」の人の言葉を引用し,
この人は,なぜ,ネガティブなのだろう」と訊いてるのと同じです。


 
2010/08/09(月) 05:41 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
「繁栄の神学」
possibleさん、コメントに感謝します。

 私は、possibleさんは、よくヘブライ語やギリシャ語の原語を調べて答えてくださるから流石と思います。

 ヤベツは、母親のつけた悪い名前のために不利益をこうむったけれども、そのような逆境にも負けなかった(名前の反対のことを神に祈った)と言うことなんですね。

 それにこんなに多くの物質の富を願い求める祈りに対して、聖書の神が肯定的だったとは、知りませんでした。

 それにしても私は、JWの奴隷級が、どうして「富を増し加えてください」という誠実な祈りを否定したり、侮るのかわかりません。彼らは「繁栄の神学」というこの世の教えと言うのです。どうしてなんでしょう?

 
*** 目 09/5 12–13ページ 人が金持ちになることは神のご意志ですか ***

 聖書の見方

 人が金持ちになることは神のご意志ですか
「神様が再出発させてくれました。これで高額所得者の仲間入りです!」
「夢は大きく持つことです。天も味方してくれますから」。
「神の力で富が得られるのです」。
「この本[聖書]のおかげでもうかりました」。

 こうした言葉は,人が裕福になるのは神の祝福によるとする,幾つもの宗教グループの見方を反映しています。その教えによれば,神のみ心に沿って的確な判断をしてゆくなら,神の力により,人生においていま良いものを得,後の世でも報いが得られる,というのです。この神学もしくは理論は広く受け入れられ,それに関する本はベストセラーになっています。しかし,この“繁栄の神学”は聖書と調和しますか。

 確かに,聖書は人間を創造した方のことを「幸福な神」と呼び,神がわたしたちの幸福と成功を願っておられることを示しています。(テモテ第一 1:11。詩編 1:1‐3)さらに,神に喜ばれる行ないをする人を神は祝福されます。(箴言 10:22)しかし今日のわたしたちにとって,神の祝福とは単に物質面での繁栄を指すのでしょうか。神の目的に照らして今がどんな時代なのかを理解するなら,答えは明らかになります。


 金もうけをする時?

 過去においてエホバ神は,ご自分の僕の幾人かに祝福として物質面での富を与えたことがありました。族長ヨブやソロモン王はそのよい例です。(列王第一 10:23。ヨブ 42:12)しかし,神を恐れる人の中には富をほとんど持っていなかった人もいます。バプテストのヨハネやイエス・キリストがそうです。(マルコ 1:6。ルカ 9:58)

 このことから何が分かるでしょうか。聖書によれば,神はご自分の僕たちを,その時々の目的に沿って扱われます。(伝道の書 3:1)その原則は,今日のわたしたちにどのように当てはまりますか。

 聖書の預言は,わたしたちが「事物の体制の終結」,もしくは現在の世の「終わりの日」に生きていることを明らかにしています。この時代の特色となるのは,戦争,病気,飢きん,地震,社会秩序の崩壊です。そうした事柄は,1914年以来,かつてない規模で人類に降りかかってきました。(マタイ 24:3。テモテ第二 3:1‐5。ルカ 21:10,11。啓示 6:3‐8)

 端的に言えば,今の世界は沈没寸前の船のようです。こうした事実を考えると,神が僕たち一人一人に祝福として物質の富を与えるのは理にかなったことでしょうか。それとも,神は他の事柄を優先すべきであると見ておられるのでしょうか。

 イエス・キリストは今の時代をノアの日になぞらえて,こう述べています。「洪水前のそれらの日,ノアが箱船に入る日まで,人々は食べたり飲んだり,めとったり嫁いだりしていました。そして,洪水が来て彼らすべてを流し去るまで注意しませんでしたが,人の子の臨在の時もそのようになるのです」。(マタイ 24:37‐39)

 イエスは今の時代をロトの時代にもなぞらえました。ソドムとゴモラに住むロトの隣人たちについて,「食べたり,飲んだり,買ったり,売ったり,植えたり,建てたりしていました」と言っています。「しかし,ロトがソドムから出た日に天から火と硫黄が降って,彼らをみな滅ぼしたのです」と述べ,こう続けておられます。「人の子が表わし示されようとしている日も同様でしょう」。―ルカ 17:28‐30。

 確かに,食べたり,飲んだり,結婚したり,買ったり,売ったりするのは悪いことではありません。それらの事柄に夢中になり,今がいかに緊急な時代であるかに注意を払わないことが危険なのです。ですから,こう自問してください。『神の祝福によるとされるものがわたしたちの注意をそらすとしたら,神がわたしたちの益を図っていることになるだろうか』。 益どころか,大きな害を及ぼすことになります。愛の神がそうしたことをするはずはありません。―テモテ第一 6:17。ヨハネ第一 4:8。
2010/08/09(月) 00:00 | URL | koro #-[ 編集]
神は「富を築く力」を私たちに与える,と述べている。
koroさん>
いつも,コメントをいただき,ありがとうございます。


> possibleさんは、ベストセラーになった「ヤベツの祈り」を読まれたことが
> ありますか?

申し訳ありません。
読んだことは,ありません。

たしか,以前も,紹介してくださったことがありましたね。
http://bb2.atbb.jp/strongwings/viewtopic.php?t=338


> 「ヤベツの祈り」の本の筆者は、牧師ですが、歴代第一4:9,10を黙想し
> て本にしたものですが、本の内容は、「聖書は、物質やお金を多く自分に
> 得られるようにと祈ることを非とはしていない。神はそんな祈りも確かに聞
> き入れてくださる。」と言うものでした。

興味深い話ですよね。

ただ,その聖句自体は,非常に「短い」もので,
ヤベツがどういう人だったのかも,私にはよく分かりませんけども,
ただ,その聖句自体を詳細にヘブライ語などからも考慮すれば,
興味深い事実が見えてくるのだろうと思います。

その聖句自体が説明しているとおり,
「ヤベツ」という名自体に,「意味」が含まれています。

おそらく,彼の母が,「苦しんで」産んだ
と述べてるヘブライ語と,その名前は関連しています。
すなわち,「悲しみ」「苦しみ」「悩み」「痛み」という意味のヘブライ語と,です。

そして,10節で彼が「損なわないようにしてください」
と言ったそのヘブライ語とも関連してるものと思われます。

ですから,彼は,いわば,自分の人生を,
自分の名前の意味と逆にしてください
と神に祈ったのです。
そして,神は,彼のその祈りに応えました。

というより,潜在意識の法則(心の法則)からすれば,
彼が彼自身の祈りに答えた」のです。


>  私は、JWの集会で「神にどんな祈りができますか?」と言う質問があっ
> たので、↑にあるようなことを注解したら、60代の長老が、「テモテ第一
> 6:9,10にあるように、そんな物質を求める祈りをエホバは喜ばれないし、
> 聞いては下さらない。健全なものの見方をしたいと思います。」と、注解さ
> れたんですよ。
>
> 私は、人のいろいろな意見を尊重しない下らない注解をする長老だと、思ったんですよ。

(^^) フフフ
そうですね。

その長老の話も,前に聞かせてもらいましたね。
http://bb2.atbb.jp/strongwings/viewtopic.php?t=425

個人的には,あまり注解で,
他人の注解を否定しなくてもいいように思いますけどね。
実に「くだらない」,という印象しか持ちません。
特に,その人とは,おつきあいする必要もない感じではないでしょうか。

どうぞ,この機会に,「申命記8章18節」の聖句などを
読んでごらんになってみてください。
http://www.watchtower.org/j/bible/de/chapter_008.htm#bk18

この聖句,他の翻訳と比べてみても,興味深いだろうと思います。
http://bbbible.com/bbb/bbbde082.html..htm#de8.11-20


他にも,例えば,
申命記15:4申命記28:8,12,13歴代第一29:12
などの聖句も,読んでみてください。

たぶん,そんな長老の言うこと(単なる人間の意見)など,消えてしまいます。

信仰」とは,本来,
その「申命記8章18節」に書かれてるような神の約束も,
心の底から「信じる」ことでもあるのではないでしょうか。

2010/08/06(金) 07:28 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
ヤベツの祈り
 possibleさん、こんにちわ。いつも丁寧なコメントに感謝します。

 possibleさんは、ベストセラーになった「ヤベツの祈り」を読まれたことがありますか?

 「ヤベツの祈り」の本の筆者は、牧師ですが、歴代第一4:9,10を黙想して本にしたものですが、本の内容は、「聖書は、物質やお金を多く自分に得られるようにと祈ることを非とはしていない。神はそんな祈りも確かに聞き入れてくださる。」と言うものでした。

 私は、JWの集会で「神にどんな祈りができますか?」と言う質問があったので、↑にあるようなことを注解したら、60代の長老が、「テモテ第一第一6:9,10にあるように、そんな物質を求める祈りをエホバは喜ばれないし、聞いては下さらない。健全なものの見方をしたいと思います。」と、注解されたんですよ。

 私は、人のいろいろな意見を尊重しない下らない注解をする長老だと、思ったんですよ。

 ワッチタワー ライブラリーで、ヤベツの祈りを調べてみたが、本当に下らない。どうして協会は素直に聖書を解釈できないのかと思ってしまう。

 *** 塔05 10/1 9ページ 歴代誌第一の目立った点 ***
 4:9,10。ヤベツは,平和裏に領地を広げられるようにしてください,という熱烈な祈りをささげました。神を恐れる人がさらに多く住めるようにと願ってささげられたその祈りは,エホバに聞き届けられました。わたしたちも,人々を弟子とする業に熱心に携わるとともに,増加を求めて心からの祈りをささげる必要があります。

 *** 塔74 2/1 71ページ 感謝することを強調したギレアデ卒業式 ***
 ものみの塔協会の副会長F・W・フランズは,ある人物の模範から益を受けるよう学生たちを励ましました。その人物は,模範として語られることはまずない人で,ユダの支族の人でした。彼がしたことは,聖書のわずかふたつの節に述べられているにすぎません。(歴代上 4:9,10)

 彼の名前はヤベヅと言い,『兄弟のうちにて最も尊ばれたる者』となりました。どうしてそうなったのでしょうか。それは彼がイスラエルの神に次のように呼ばわったからです。『我を祝福に祝福て我が境をおしひろめ 御手をもて我を助け 我をして災難にかかりてくるしむことなからしめたまえ』。

 ヤベヅは誓いをしていたのではなく,心から祈りをささげていたのです。他人を犠牲にして自分の領地をふやすことを求めていたのでしょうか。フランズの説明によるとそうではありません。彼は自分の領地が平和裏に拡大されることを祈っていたのです。ユダヤの古い言い伝えによると,ヤベヅは学校をつくって,エホバ神の崇拝を教えることを望んでいた,とフランズは話しました。

 彼は神のために弟子を得ることを望んでいたのです。彼はよい動機を持っていたので,聖書は『神その求むるところをゆるしたまう』と述べています。ですからヤベヅは神に協力しようとしたのです。それで彼のようになり,事実上,『わたしを恵みに恵み,わたしの境を押し広げて』,主イエス・キリストの弟子をもっと多く作れるようにしてくださいと言うようにと,フランズは卒業生を励ましました。
2010/08/02(月) 15:26 | URL | koro #-[ 編集]
お金に対するネガティブなイメージを一掃する
koroさん>
コメント,ありがとうございます。

ナポレオン・ヒルの「PMAプログラム」の開発者の一人である
W・クレメント・ストーンは,その著書の中で,こう述べています。

「お金はいいものか?
 多くの消極的な心構えの人は,「お金は悪の根源である」という。
 しかし,聖書ではこう述べている。
 「お金に対する愛着は悪の根源である

 これは言葉の違いのようでしかないのだが,実は大きな違いがある
 私は,消極的な心構えの人が,「思考は現実化する」の内容について
 敵意のある反応を示したことに驚かされたことがある。
 これらの人は,消極的な心構えから積極的な心構えに変えるだけで,
 わずか一年で富を作ることができる

 しかもその富は,消極的な心構えの人が一生かかっても
 手にすることのできないほど大きなものである。
 それをするには,金のことについて彼らの頭の中にある
 クモの巣を取り払ってしまわなければならない。」

(「積極的な心構えがあなたの人生を変える!!」
  騎虎書房,1989年。210,211ページ。)


このように,富を築くための第一の条件が,
まず,お金に対する消極的,否定的なイメージを
自分の中から取り除くことなのです。
これをしないと,いくら「努力」しても,
また,「勤勉」であっても,無駄なのだそうです。

だから,私が紹介してるビデオは,それをするためのもの
(お金に対する否定的なイメージを取り除くためのもの)なのです。

そのビデオの作者によれば,それを
毎日,見る」ことを勧められています。
それは,「潜在意識」に刻印するためです。

もし,誰かがJWの組織の中にとどまるとしても,できれば,
協会が「お金」についてコメントすることがあったら,
「それを読まない」「退ける」という態度を,私はお勧めしたいと思います。
その情報は,たぶん,私たちの人生にとって「役立たない」です。


シュラー博士は,その著書に中で,こう述べています。

「今後は決して,お金がないことを弁解の理由にしてはならない。
 もしあなたの神が,ものすごく貧乏であれば別である
 私の神は,貧しくはない!

(ロバート・H・シュラー著「あなたの教会は必ず成長する」
  聖文舎,1977年。272ページ。)


エホバの証人の教える神は,どういう「神」を教えてるでしょうか?
2010/08/01(日) 00:03 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
お金の大切さ
possibleさん、こんばんわ。

 私のような語学の疎いものにも配慮してくださり感謝します。

 ご存知だと思いますが、JWの社会では、経済的に豊かになることを願うことを卑しく思う傾向があります。それは、奴隷級のテモテ第一6:9,10の聖句の間違った適用にあると思います。だからそんな思いが、JWたちを経済的に貧しくさせている原因だと私も思います。

 私は、お金が多くあれば、どんな多くのことが成し遂げられるか考えてみればいいと思う。

 そして、自分のところに、お金がもっと手に入るように、私に知恵や技術や才能を与えてくださいと、神に祈ってもいいと思う。
2010/07/30(金) 22:21 | URL | koro #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。