元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外人にもよく知られている「仏陀の言葉」

今日は,外人(西欧諸国)にもよく知られている

 「仏陀の言葉

を,皆さんに紹介してみたいと思う。
(案外,日本人のほうが知らないかもしれない。)


まずは,この「仏陀の言葉」が,
海外(西欧諸国)でもよく知られている証拠として,
先回紹介した動画(「富の秘訣」)を作った,「ザ・シークレット」
のウェブサイトに置いてある「壁紙」を紹介したい。

title="http://thesecret.tv/treasures/wallpapers/buddha/buddha_1024x768.jpg">http://thesecret.tv/treasures/wallpapers/buddha/buddha_1024x768.jpg


(自分の好きなサイズの壁紙は,以下のアドレスから選べる。
http://thesecret.tv/secret-treasures-PDF-and-Wallpaper.html


さて,この,「ザ・シークレット」のスタッフ(外人)が作った「壁紙」,
一見して分かるが,その背景に写ってるのは,
いわゆる「鎌倉の大仏」である。

それは,もちろん,「仏陀」(釈尊)ではなく,
正確には,「阿弥陀如来」(阿弥陀仏)である。

「仏陀」(釈尊)の言葉を紹介してる箇所で,背景が「阿弥陀仏」
というものに,「違うのではないか」というツッコミは,
あえて,ここではしない。(笑)

問題は,そこで紹介されてる「仏陀の言葉」である。
こう書かれている。

All that we are is the result of what we have thought.
(オール・ザット・ウィー・アー・イズ・ザ・リザルト・アヴ・ワット・ウィー・ハヴ・ソート)

 - Buddha (ブーダ)



この言葉は,訳すと,こういう意味である。

私たちのすべては,私たちが考えたことの結果思考の結果である。」



これは,まさに,「心の法則」を述べてるのではないだろうか。
驚くべきは,この言葉を「釈尊」(仏陀)が,
今から 2500年も前に言っていた
,という事実である。


さて,この「仏陀の言葉」,仏教の「何千巻」もある教典の中の,
どの教典に書いてある言葉なのであろうか
(仏教においては,その膨大な数を,
 象徴的に,「八万四千(はちまんしせん)の法門」と呼んでいる。)

私は,かつて,アール・ナイチンゲール博士の
人間は自分が考えているような人間になる!!
という書物の中に,この「仏陀の言葉」が引用されていたことを知っていた。
しかし,私は,今まで,この仏陀の言葉の「引用元」(教典名)を知らなかった。

こういう時,やはり,著作権法で求められてる「出所明示義務
というものを果たしてくれていると,助かる(見つけやすい)のである。
しかし,海外の資料では,多くの場合,
ただ「仏陀がそう言った」と書いてあるだけだ。


こういうのは,日蓮宗で言えば,「文証」(もんしょう)と言われて,
非常に「重要な部分」なのである。
日蓮聖人だったら,こういう時は,何よりもまず,

 「(いか)なる経文ぞや
 (その言葉は,どの教典に書かれていますか


と訊ねられるだろうと思うので,
そういう,日蓮的「論理的思考」に慣れてる者からすると,
ただ「仏陀の言葉」として人々に紹介するのは,非常に「不親切」だと感じる。

いや,それ以前に,彼らはその「出所」(どの経文に書いてあるのか)を,知らないのかもしれない。
そもそも,「仏陀の言葉」を紹介してる壁紙の背景に,
阿弥陀如来」(鎌倉の大仏)を使用してる意味が分からん


ま,そのような「ツッコミ」は,ここでは置いといて,
その「仏陀の言葉」が,「どの教典」に書いてあるものなのかを紹介してみたい。

私は,その「英文」をグーグルで検索してみた。
そして,ある記事を見つけた。
そこには,「ダンマ・パダ」(The Dhammapada, Verses 1-2)と書いてあった。
http://www.teosofia.com/Mumbai/7203thought.html
http://www.maithri.com/dhammapada.htm#Chapter
(こういうのが,いわゆる「出所明示義務」というやつである。)

ダンマ・パダ」とは,日本語では「法句経」(ほっくきょう)と呼ばれ,
初期の仏教教典(小乗仏教の教典)の一つである。
もっと一般的には,「阿含経」(あごんきょう)と言われている教典群
(特に,「小部」と呼ばれてる部分)の中に,
この「ダンマ・パダ」(法句経)が含まれている。


その「法句経」の冒頭部分には,こう書かれている。

なにごとも心から始まり,心が主役で,心でできている
 もし汚れたで話をしたり,なにかをすれば
 牛に荷車がついてくるように,不幸はその人についてくる

 なにごとも心から始まり,心が主役で,心でできている
 もしきれいなで話をしたり,なにかをすれば
 影が人から離れないように,幸せはその人から離れない」

http://76263383.at.webry.info/200911/article_4.html
(上記のサイトには,「パーリ語」の原文も載っている。)


あまりにも,真理が「簡潔に」表現されていて,恐ろしいほどである。
しかも,これが,その教典の「冒頭の言葉」であるということにも。

これを,今から2500年も前の釈迦(釈尊)が説いていたのである。
ここで言ってることは,まさに,「心の法則そのもの,ではないだろうか。

ご注意
 「ダンマ・パダ」(法句経)とは,すなわち,「阿含経」のことで,
 一般には,「小乗仏教」と呼ばれている仏教の経典である。
 それゆえ,その教えは,「煩悩を滅する」という点に力点がおかれている。
 だから,もし,その教典(「小乗仏教」の経典)全体を読むとすれば,「注意」が必要である。
 
 それは,今までに紹介してきた「大乗仏教」の経典,
 たとえば,「理趣経」などのように,
 「煩悩」自体を「肯定」してるものとは,大いに異なる。
 http://godpresencewithin.blog86.fc2.com/blog-entry-55.html

 大乗仏教では,「煩悩即菩提」(ぼんのうそくぼだい)と言われ,
 煩悩を「滅する」ことではなく,それを「昇華」することを勧める。
 
 私は今,この記事で,「煩悩を滅する」ことを教える「小乗仏教」的
 な教えを指して,「心の法則」と言ってるのではない。
 「心の法則」(マーフィー理論)は,自らの「願い」(煩悩)に正直になり,
 それを素直に「求める」ことを教える。)


さて,アール・ナイチンゲール博士の本では,この仏陀の言葉は,

牛が車を引くように,思考も人間を引っ張っていくのだ

(アール・ナイチンゲール著「人間は自分が考えているような人間になる!!」 騎虎書房,1988年。33ページ。)


と訳されている。

そう。私たちの「」(思考)が,
現在の,また,将来の私たちを形作っていくのである。
「考えていること」が,私たちの人生を作るのだ。
http://godpresencewithin.blog86.fc2.com/blog-entry-57.html


では,最後に,「法句経」の160という箇所に
書かれてる言葉を紹介して,この記事を終わりにしたいと思う。
これもまた,素晴らしい言葉である。

自己こそ自己の寄る辺なり
 他の何者が寄る辺になろう
 自己を調御するならば
 得がたい寄る辺を獲得す」

http://76263383.at.webry.info/201003/article_2.html



「法華経」と同様,この「法句経」という初期の教典も,

 「あなたがあなたの(究極の)救い主

なのであり,それ以外のところ(あなたの「外部」)救いを求めても
そこに,本当の助けがあるわけではないのだ,
ということを,我々に教えてくれている。
http://godpresencewithin.blog86.fc2.com/blog-entry-51.html

そう。

 あなたの人生は,あなたが主役

なのだ。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントをありがとうございます。
下界さん>

こんばんは。
コメントをいただき,ありがとうございます。

すいません。
今まで,いつのまにか,コメントを「承認」制としていて,
管理者自体が,コメントがあったことに気づきませんでした。
申し訳ありません。

読んでいただいたそうで,感謝いたします。
また「更新」を,がんばってみようかと思います。

2010/12/17(金) 22:00 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
発見したばかりですが
過去に10年のJW経験があります。
後遺症もでましたが今は乗り越えたつもりです。
がんばっていきています。
私も救いは自分の内にあると思います。
このブログ発見してよろこんでいます。
過去ログ読ませてもらいます。
自分の過去とも向き合うことになるので、気を引き締めて読みます。


2010/10/25(月) 17:12 | URL | 下界 #-[ 編集]
コメントしたいことは 沢山あるんだよ
過去の記事でも

possibleチャンの
速球記事に
ちゃらんぽらんに答えたくないからね

だから コメントが少ないと思ってても
君の足跡は とても 貴重です
2010/08/16(月) 22:49 | URL | てなもんや #0zDVe/QE[ 編集]
「ダンマパダ」(法句経)の知恵
てなもんや さん>

コメント,ありがとうございます。

私も,いつまでこんなブログを続けるか分かりませんが,
このブログがあるうちは,たまには,よろしくお願いいたします。

2010/08/16(月) 22:05 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
うーん うなる
possibleチャンの偉いのは
情報をただ単に 鵜呑みにしないで
自分のところにもってきて
栄養にしてるところ
2010/08/14(土) 07:08 | URL | てなもんや #0zDVe/QE[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。