元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「八万四千の法蔵は 我身一人の日記文書なり」 by 日蓮

さて,昨日書いた記事に対して,「誰の反応もない」(笑)ところで,
次の話題に行きたいと思う。

昨日は,旧約聖書の一つの聖句の「象徴的な意味」を説明するにあたって,
私は,次のように述べていた。

「マーフィー理論では,このように,聖書は象徴的に
 「心の法則を(私たちの内面」,「心の働き」について)教えている」
 と教える。」



と,このように私は,掲示板でもブログでも,何度も述べてきているのだが,
この意味が今ひとつ分からない」という人のために,
ここで,ある日本人が,今から700年以上前に述べてた,
非常に興味深い言葉を紹介してみたいと思う。

その日本人とは,あの日蓮宗を開いた「日蓮聖人」である。
(常識なので,分かってるとは思うけど,一応述べておくと,
 「聖人」は,「せいじん」ではなく,「しょうにん」と読みます。)

彼は,象徴的に「八万四千」(はちまんしせん)とも言われる
仏教の膨大な数の教典に関して,次のように述べていた。
(「ふりがな」を付けておいたので,よ~くその意味をつかみながら,読んでみていただきたい。)

「此(こ)のの一法(いっぽう)より国土世間も出来(しゅったい)する事なり,

 一代聖教(しょうきょう)とは 此(こ)の事を説きたるなり

 此(こ)れを 八万四千(はちまんしせん)の法蔵とは云うなり
 
 是(こ)れ皆 (ことごと)一人の身中(しんちゅう)の法門にて有るなり,
 
 然(しか)れば 八万四千(はちまんしせん)の法蔵は 我身(わがみ)一人の日記文書(もんじょ)なり
 
 此(こ)の八万法蔵を 我が心中に(はら)み持(たも)懐(いだ)き持(たも)ちたり
 
 我が身中(しんちゅう)の心を以(もっ)て
 と 法と 浄土とを 我が身より(ほか)に思い願い求むるを 迷いとは云うなり

(日蓮聖人著「三世諸仏総勘文教相廃立」 58歳の時の著作)



この日蓮聖人の言葉,何度も繰り返し読んで,
その意味を,おぼろげながらも つかむと,
その「重要性」が,だんだん分かってくるのではないかと私は思う。

私が,ものすごい意訳
この日蓮聖人の言葉を言い換えれば,こういうことである。

「すべてのものは,「心」から出てくる。
 仏教の経典というのは,実は,このことを教えているのである。

 釈尊の言葉(膨大な仏教の経典)も,ひとりの人の「内面」について教えている。
 だから,実際には,それらの教典は,私たちひとりひとりの「日記文書」なのだ。

 この教典の教えは,実際には,私たちの「内面」について教えているので,
 その中に出てくる「仏」とか「浄土」というものを
 どこか自分の「外」にあるものと思うことを,仏教の言葉で「迷い」と言うのである。」


ということだろうと思う。

どうだろう。
この私の「意訳」で,日蓮聖人の言葉が,「すごい」って分かるだろうか。


さて,日蓮聖人にとっては,「仏教の経典」がそうだったように,
クリスチャンにとっては,「聖書」がそうなのだ。

つまり,聖書は,実際には,私たちの「日記文書」なのである。
あなたは,ことことに,今まで気づかなかっただろうか。

簡単に言えば,そこには,象徴的に「私たちのこと」が書かれており,
私たちの内面」(心の働き)について教えてくれてるのである。


また,日蓮聖人にとって,「」とか「浄土」がそうであったように,
クリスチャンにとっては,「」とか「天国」が,そうなのだ。

つまり,私たちの「どこかにあるというものではないのだ。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
ありがとうございます。
ロンちゃん >

こんばんは。
そして,明けましておめでとうございます。
コメントをいただけて,感謝しております。


> 当時possibleさんのお話を知っていたなら、
> 苦々しい思いをしなくて済んだでしょう・・。

なるほど。
しかし,たぶん,「当時」の私は,こんなことは書けませんよ。きっと。

「マーフィー理論」自体は,たぶん,私は十年も前から,そして,「日蓮聖人の書物」も,たぶん,それ以上前から接しております。しかし,「当時」の私には,その重要性も,そのメッセージに込められてる「深さ」にも,まったく気づいておりません。

私が,この記事に込められてるようなことを言えるのは,「今だから」なのです。

つまり,様々な人生経験を重ね,寂しさも苦しさも絶望も味わい,そして,多くの悩みを抱え,今なお悩み続けてきて,それで,40歳を数年過ぎて,「やっと」言える事柄なのです。
しかし,たぶん,その重要性の10分の1も表現できてません。本当は,「もっと深い」のでしょう。


> ただ、逃げ道がないので、自分自身強くなけれ
> ばダメですよね。自分を信じる心も。

そうですね。
ただ,私自身,いまだに自分自身を完全に信じ切れてるわけではありません。
しかし,マーフィー博士も,日蓮聖人も,そういう「弱さ」も含めて,教えてくれてるのだと思います。

日蓮聖人が,それを「迷い」と表現してた時,彼は「闘病中」でした。しかも,何年間もです。
私たちと何も変わらないですよね。つまり,「同じ人間」です。

彼は,イエスと同じく,生涯「独身」でした。そんな彼は,生涯,母の形見である「母の髪の毛」を,自分の懐に,ずっと持っていたと言われています。あれほど強そうな人が,です。

同じですね。私たちと。
決して強かったから,信じていたのではないです。

彼は,弱い自分を信じたのではなく,「仏を信じた」のです。彼は,正確には,「自分を信じろ」と言ったのではなく,「自分の中にいる仏を信じろ」と言ったのです。その仏は万物の「源」であり,そこからすべてのものが生じていると言ったわけです。

つまり,簡単に言えば,太陽も星も,そして,この地球も,すべて,「自分の中にいる仏」(神)が生み出したのです。私たちが生み出したのではないです。(彼はその源を「妙法蓮華経」と言い,それに帰依することを教えました。正確には,「仏」を生み出したのも「妙法蓮華経」だと彼は教えました。)

「そんな,すごい仏が,自分の中にいる」。それが彼の発見であり,また,すごいところでもあります。

「自分を頼る」のではなく,「自分の中にいる仏」(内なる神)を頼るのです。私が何度も,神は「外」にいるんじゃなくて,「」にいる。「内なる」だ,と言ってるのは,そのことです。

誤解のないようにしていただきたいのは,それは,「神(仏)がいない」と言ってるのではありません。ただ,神(仏)は,「自分の外(そと)」にいるものではない,と言ってるだけのことです。

それは,「何も頼るものがなく,他に逃げ道がない」(頼るものは自分だけ)というのとは,また違うように思います。
2011/01/05(水) 01:09 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
謹賀新年
明けましておめでとうございます。
大変ご無沙汰しておりましたが、お元気でしたか?
反応がないと仰っていますが、いつもしっかりと読ませて頂いています。ただ、最近は、宗教的なことから大分離れた生活をしておりますので、じっくり考えてコメントができず、「にくきゅう」だけさわって失礼してしまっておりました。

昨年の三位一体の記事にしても今回のにしても、人知れずカタルシスを味わっております。
以前、書いてくださった「あなたがあなたの救い主」という言葉にも胸のすく思いでした。
JW時代、私の努力を「エホバでなく自分に頼っている・自分を賢い者としている」と評されたことを思い出しましたが、当時possibleさんのお話を知っていたなら、苦々しい思いをしなくて済んだでしょう・・。

しかしながら、仏・浄土を我が身以外に求めるのは「迷い」とは・・・!私の信条にあっているかも・・です。
ただ、逃げ道がないので、自分自身強くなければダメですよね。自分を信じる心も。

いつも良いお話をありがとうございます。今年もよろしくお願い致します。

次回から、「ロンちゃん」を改め「longちゃん」として伺いますね。元々、ロンは龍(long)の意味でしたので。では、ナマステ~!
2011/01/04(火) 14:47 | URL | ロンちゃん #TY.N/4k.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。