元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「直感」を信じる

直感」とは何だろう?

分かっているようでいて,
でも,それを人に「分かりやすく」説明しよう
と思うと,案外,難しいものである。

私なりに説明しようとすれば,それは,
自分の「内なる神」あるいは「潜在意識
からのメッセージである。

それは,「明確な声」というよりも,
感覚」であったり,「なんとなく
であったりする。


私たちは,日々,この「直感」を使っている。

たとえば,この道を右に行こうか左に行こうか
今日は,なんとなく,こっちの道を通っていきたい
なんとなく,今日は,この道を行くのはやめよう

そんなふうに感じたり,思ったことはないだろうか。
それが「直感」である。

その「直感」を信じて,そのとおりに従うかどうかは,
あなた次第である。


ある人は,この直感を「無視」する。

なんとなく「いやな予感」がするのに,それを無視する。

自分では,「こちらがいいと思う」のに,
「他人の意見」や「世間の目」を気にして無視する。

そのようにしてると,自分の直感は,だんだんと消え去る
あるいは,直感は,ちゃんとメッセージを送ってるのに,
「いつもそれを無視」してるものだから,それに気づかない。


聖書には,こんな不思議な記述がある。

イザヤ 30:21。新世界訳)

「あなた方が右に行くにしても左に行くにしても,
 あなたの耳はあなたの後ろで
 「これが道である。あなた方はこれを歩め」
 と言う言葉を聞くであろう。」




聖書は,この種のメッセージに満ちていると私は思う。
私は,これが「直感」だと思う。

たとえば,こんな聖句もある。

サムエル第二 2:1。新世界訳)

「そして,その後,
 ダビデはエホバに伺って,こう言ったのである。
 「わたしはユダの都市の一つへ上って行きましょうか」。
 するとエホバは彼に言われた,「上って行け」。
 そしてダビデはさらに言った,
 「どこへ上って行きましょうか」。
 すると,言われた,「ヘブロンへ」。」



実に不思議な聖句である。
そう思わないだろうか。

ダビデは,どうやって「神に伺った」のだろうか。
そして,どういうふうに答えを得たのだろうか。


ダビデは,明らかに,「統治体に伺ったので・は・な・い

私は,こう思う。
ダビデは,「自分の心に訊いた」のだと。
(もう少し詩的に表現すれば,「自分の胸に手を当てて訊いた」のである。)
すると,自分の心が答えを出したのだ,と。

いわば,彼は,自分の「内なる神に」訊いたのである。


一方,聖書には,こんな記述もある。

サムエル第一 28:5, 6。新世界訳)

「サウルはフィリスティア人の陣営を見ると,
 恐れ,その心はひどくおののきはじめた
 サウルはエホバに伺うのであったが
 エホバは夢によっても,ウリムによっても,
 預言者によっても決して答えられなかった。」



この場合,彼の内なる神は,何も答えてくれなかった。
理由は単純である。
彼が「恐れ,その心はひどくおののきはじめ」ていたからである。

簡単に言えば,彼の心が「ネガティブ思考」でいっぱいであり,
そのため,潜在意識からのメッセージも,
直感も働かなかったのである。

このような「マイナスの心の状態の時に」問い訊ねても,
たぶん,潜在意識は,「ネガティブなメッセージ」しか返してこない。


私は,聖書は,ポジティブ思考により,

 自分の「直感を信じろ!

と教えてるのだと思う。


その行為が常に「良い結果」を生むとは限らないとしても,
しかし,何の導きもないように見える人生の中で,
明日はどうなるのかさえ分からない私たちの人生において,
頼れるのは,自分しかいない」のである。

だったら,自分の心が訴えかけてくるメッセージを
ちゃんと聞こうではないか。

例えば,こんなふうに。

「ここに,黄色と青の服がある。
 どちらの服が良いだろうか。
 黄色か。
 青か。
 それとも両方か。
 あるいは,今は買わないほうが良いか。」

あなたの心は,たぶん,答えを知っている。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
possibleさん、こんにちわ。

 私も、よく黙想してイザヤ40:21を読めば、「自分の直感を大切にしろ。」「自分の内にある神の声をよく聞け。」と言う意味にならざるを得ないと思います。

 しかし、殆どのJWは「奴隷級の声(出版物や集会の教え)に聞き従え」と解釈します。

 それはなぜかと言えば、自分たちより奴隷級の人たちの方が、聖書の霊的理解が高く、エホバ、イエスの次に偉い人だと思っているからです。

 最近、北海道に引越しされたH兄弟と会食しました。

 H兄弟は、聖書の契約についてよく調べていたり、創世記36章のエサウの子孫を暗記していたりと、勉強家で面白い人なのですが、H兄弟も奴隷級のほうが自分よりも霊的理解が上なので聞き従っていけばいいと言っておられました。

 ↓ がその時の会話です。

 H兄弟=H、koro=Kで記しました。

K 「H兄弟はよく聖書の出版物を勉強しておられますね。私は、聖書の翻訳について興味がありますが」

H 「ころ兄弟は、なぜそんなに聖書翻訳について関心がおありなのですか?」

K 「聖書の翻訳は、どれも同じでないから、面白いのです。例えば、創世記29:17は、新世界訳では、「レアの目に輝きがなかった」ですが、新共同訳では、「レアは優しい目をしていた」ですよね。それは、ここのヘブライ語のラクに、弱いのほかに優しいという意味があるからで、翻訳の世界ではどちらが正しい、間違いというものではなんですよ。それが私には面白いのです。」

 しかし、H兄弟は私の言う事が理解できなく、奴隷級の翻訳した新世界訳が「目に輝きがない」と、翻訳したのなら、それが正しいのに間違いがないとか、新世界訳だけが、神の名前を主ではなくエホバと明記して、神聖にしてきた唯一の聖書だとか言われました。

 
2012/08/12(日) 13:20 | URL | koro #-[ 編集]
possibleさん 返信ありがとうございます。

お元気そうで何よりです。

小麦の刈り入れがようやく終わりました。
今日は一日台風の影響で雨なのでまったりしております。

毎年繰り返される作業ですが、同じものは無く、天候や作物状態の中での決断・あえて言うなら「自分を信じないで誰を信じるのですか~」と言う事。

そんなこんなで、自分を信じること、その責任は自分である事。

直感を与えてくださった神に感謝する きたひろでした。
2012/08/10(金) 08:01 | URL | きたひろ #uiF0Ky3U[ 編集]
コメント,ありがとうございます
きたひろ さん>
こんばんは。

ご無沙汰しております。

コメントをいただき,ありがとうございます。
だいぶ,更新をさぼっているpossibleです。

きたひろさんのおっしゃるとおりですね。

昔から,日本人は,この不思議な感覚を
いろんな形で表現してきたのだろうと思います。

たとえば,「虫の知らせ」という言い方
だったり,「噂をすれば影」という言い方
だったり,「くしゃみをすれば」何とか
なんていう表現もあります。

こういう言い方は,何かしらの
人間の「不可思議な能力」を表現しています。


たぶん,科学のまだ発達していない時代,
人々が,今よりも神や仏への「信仰」を
有していた時代,そうした「直感」
(あるいは,霊感,インスピレーション)
とも言える「不可思議な能力」を,
昔の人は,現代の私たち以上に
持っていたのかもしれません。

今は,科学万能の時代で,
現代人は,そうした感覚が
「鈍くなっている」のだと思います。

だから,普段から,それを「研ぎ澄ます訓練」
というものが必要になってくるかと思います。

どうやったら,その直感を鍛えられるのかは,
いつか,ブログで扱ってみたいと思います。
2012/08/09(木) 22:14 | URL | possible #C454ixHI[ 編集]
おはようございます
おはようございます。

お久し振りです、ひたひろです。

7月末の高温干ばつから打って変わって8月は冷涼な北の地です、関東はまだまだ残暑がきびしい模様ですが、お体に気おつけてお過ごしくださいね。

「直感」・これは大変大事ですよね。

自分は自然を相手にして仕事をしておりますが、卓上の理屈では後手後手に回ってしまいます。
(結構振り回されていますが)

「野生の感」・「昆虫や動植物から教えていただく事」も多々あります。

人には「第六感」もあるとされています、それが「内なる声」・「直感」なのかもしれません。

それを磨き続ける事、それが大事なんですね。
いつもありがとうございます
きたひろでした。

2012/08/07(火) 07:56 | URL | きたひろ #uiF0Ky3U[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。