元エホバの証人一世、possibleの“独り言”的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ものみの塔協会は,2013年も「投資セミナー」に参加か?

ものみの塔協会が,「ヘッジファンド」に
莫大なお金を投資していることは,
信者の間では知られていない。

掲示板のほうでは,2011年に,私はこう述べていた。

今年は,「2011年9月13日と14日」(つまり,昨日と今日)に,
その「投資セミナー」が行なわれた。

ご自身で,判断していただいたい
そこに参加した,「投資家」(企業)は,以下のとおりである。

 「WATCH TOWER SOCIETY

http://www.hedgefundintelligence.com/Product/13793/Forthcoming-Events/InvestHedge-Forum-2011.html?ElementId=9679



http://bb2.atbb.jp/strongwings/viewtopic.php?t=1361



さて,今年(2013年)は,9月24日と25日だそうですよ。
明日と明後日ですね。(このブログの記事は前日の23日に書きました。)
http://www.hedgefundintelligence.com/Product/16991/Forthcoming-Events-Details/InvestHedge-Forum-2013.html


もし,今年も,「ものみの塔協会」の名前が書いてあったら,
もうエホバの証人は,やめたらいかがでしょうか。

今年も,名前が,あがるかどうか
今から「楽しみ」にしてたほうがいいですよ。

もし,名前が書いてあったら,「やっぱり」で「確信」に変わり,
もう言い訳とかしないほうがよろしいと思います。

(あるいは,ものみの塔は,「ヘッジファンド」をやめるでしょうか。
 あるいは,今年は,幼児性的虐待の裁判で
 「資産を凍結」されて,お金を動かせないとか。)


もし,「ものみの塔」(WATCH TOWER SOCIETY)と書いてあったら,
もう,ご自分の「お金」は,ものみの塔に寄付するのはやめ
「ご自分の投資」に使ってくださいませ。



P.S.
この追伸は,25日に記述しています。

コメント欄のほうで,2012年のリストから
WATCH TOWER」の文字が消えてることに言及しました。

私が思うに,たぶん,「消させた」のでしょう。
関連記事

子供は親を選んで生まれてくる

昔,「赤ちゃんは親を選んで生まれてくる」
というようなことを,ブログで述べたことがある。
http://godpresencewithin.blog86.fc2.com/blog-entry-54.html

鉄拳のパラパラマンガを見て,そんなことを思い出した。

人生においては,いろいろ挫折はあるかもだけど,
もし,自分が死んでしまったら,
将来,「自分を通して生まれてくるはずの子供」
も,生まれてはこない。

この動画では,将来,母親を通して生まれてくる赤ちゃんが,
お母さんを自殺から救い,「手を導いてる」ところが素晴らしい。
姿は見えなくとも,ドアにはその姿が,はっきり映っている。




MUSE」というロックグループの,この曲(Follow Me)も,素晴らしい。

この歌は,「息子への愛」を歌ったものだそうだが,
その「歌詞」は,ものすごい良い。
最初の心臓音は,実際の彼の息子の心臓の音
(奥さんのお腹の中にいた時の)だそうで。


「歌詞」の日本語訳:
http://ameblo.jp/et-eo/entry-11508615741.html

英語ですけど,一緒に歌ってみてください。
歌っていて,たぶん,感動すると思う。




個人的には,聖書の中の台詞に似てる気がする。
すなわち,「」が,まるで言ってくれてるかのように。

 「私が必ずあなたを守る
 (I will protect you


と。

この歌の「意味」をよく理解して,
もう一度,鉄拳のパラパラマンガを見る時,
お母さんが絶望して線路に飛び込もうとする時に,
「Follow me」と曲が盛り上がり,
将来の赤ちゃんがお母さんの手を
導いていくのが分かり,感動する。


関連記事

「直感」を信じる

直感」とは何だろう?

分かっているようでいて,
でも,それを人に「分かりやすく」説明しよう
と思うと,案外,難しいものである。

私なりに説明しようとすれば,それは,
自分の「内なる神」あるいは「潜在意識
からのメッセージである。

それは,「明確な声」というよりも,
感覚」であったり,「なんとなく
であったりする。


私たちは,日々,この「直感」を使っている。

たとえば,この道を右に行こうか左に行こうか
今日は,なんとなく,こっちの道を通っていきたい
なんとなく,今日は,この道を行くのはやめよう

そんなふうに感じたり,思ったことはないだろうか。
それが「直感」である。

その「直感」を信じて,そのとおりに従うかどうかは,
あなた次第である。


ある人は,この直感を「無視」する。

なんとなく「いやな予感」がするのに,それを無視する。

自分では,「こちらがいいと思う」のに,
「他人の意見」や「世間の目」を気にして無視する。

そのようにしてると,自分の直感は,だんだんと消え去る
あるいは,直感は,ちゃんとメッセージを送ってるのに,
「いつもそれを無視」してるものだから,それに気づかない。


聖書には,こんな不思議な記述がある。

イザヤ 30:21。新世界訳)

「あなた方が右に行くにしても左に行くにしても,
 あなたの耳はあなたの後ろで
 「これが道である。あなた方はこれを歩め」
 と言う言葉を聞くであろう。」




聖書は,この種のメッセージに満ちていると私は思う。
私は,これが「直感」だと思う。

たとえば,こんな聖句もある。

サムエル第二 2:1。新世界訳)

「そして,その後,
 ダビデはエホバに伺って,こう言ったのである。
 「わたしはユダの都市の一つへ上って行きましょうか」。
 するとエホバは彼に言われた,「上って行け」。
 そしてダビデはさらに言った,
 「どこへ上って行きましょうか」。
 すると,言われた,「ヘブロンへ」。」



実に不思議な聖句である。
そう思わないだろうか。

ダビデは,どうやって「神に伺った」のだろうか。
そして,どういうふうに答えを得たのだろうか。


ダビデは,明らかに,「統治体に伺ったので・は・な・い

私は,こう思う。
ダビデは,「自分の心に訊いた」のだと。
(もう少し詩的に表現すれば,「自分の胸に手を当てて訊いた」のである。)
すると,自分の心が答えを出したのだ,と。

いわば,彼は,自分の「内なる神に」訊いたのである。


一方,聖書には,こんな記述もある。

サムエル第一 28:5, 6。新世界訳)

「サウルはフィリスティア人の陣営を見ると,
 恐れ,その心はひどくおののきはじめた
 サウルはエホバに伺うのであったが
 エホバは夢によっても,ウリムによっても,
 預言者によっても決して答えられなかった。」



この場合,彼の内なる神は,何も答えてくれなかった。
理由は単純である。
彼が「恐れ,その心はひどくおののきはじめ」ていたからである。

簡単に言えば,彼の心が「ネガティブ思考」でいっぱいであり,
そのため,潜在意識からのメッセージも,
直感も働かなかったのである。

このような「マイナスの心の状態の時に」問い訊ねても,
たぶん,潜在意識は,「ネガティブなメッセージ」しか返してこない。


私は,聖書は,ポジティブ思考により,

 自分の「直感を信じろ!

と教えてるのだと思う。


その行為が常に「良い結果」を生むとは限らないとしても,
しかし,何の導きもないように見える人生の中で,
明日はどうなるのかさえ分からない私たちの人生において,
頼れるのは,自分しかいない」のである。

だったら,自分の心が訴えかけてくるメッセージを
ちゃんと聞こうではないか。

例えば,こんなふうに。

「ここに,黄色と青の服がある。
 どちらの服が良いだろうか。
 黄色か。
 青か。
 それとも両方か。
 あるいは,今は買わないほうが良いか。」

あなたの心は,たぶん,答えを知っている。


好きな音楽
Terra's Theme (ファイナル・ファンタジー6)


アリア・ディ・メッツォ・カラッテーレ(ファイナル・ファンタジー6)
Translation
You can translate this blog into the language of your country by the Google Translate or the Excite Translator.


最新コメント
Since October 27, 2008
最新記事
月別アーカイブ
CalendArchive
カテゴリ
プロフィール

possible

Author:possible
男性(独身です)

故・本田美奈子と同世代

「メールアドレス」や「管理者に感想を送る」は,ウェブサイトに書いてあります。

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Maukie - The Virtual Cat
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。